体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

U2の新作が全米アルバム・チャート1位獲得で史上初の快挙達成

U2の新作が全米アルバム・チャート1位獲得で史上初の快挙達成

 12月1日にリリースされたU2の新作『ソングス・オブ・エクスペリエンス』が全米ビルボード・アルバム・チャートで初登場1位を獲得し、初週のアルバム換算売上枚数は186,000枚(アルバム売上枚数は180,000枚)で、2017年リリースのロック・アルバムでは最大のセールスとなった。

 U2にとっては8枚目の全米1位アルバムで、これまでに『ヨシュア・トゥリー』(1987)、『魂の叫び』(1988)、『アクトン・ベイビー』(1991)、『ズーロッパ』(1993)、『ポップ』(1997)、『ハウ・トゥ・ディスマントル・アン・アトミック・ボム』(2004)、『ノー・ライン・オン・ザ・ホライゾン』(2009)が1位を獲得し、今作で1980年代、1990年代、2000年代、2010年代の作品がすべて全米1位を獲得したことになる。

 これは同チャート史上、グループとして初という快挙となった(ソロ・アーティストを含めると4組目)。また、8枚という同チャートの1位獲得数は6位タイ、グループとしては3位タイとなっている(1位はザ・ビートルズの19枚)。

 “今世紀最強のU2”(英MOJO誌)、“U2の後期クラシック”(英Q誌)、“音楽の永遠の魔法”(米ROLLING STONE誌)など世界中のメディア、ファンから大絶賛をされている本作だが、日本のミュージシャンからもコメントが届いている。

◎INORAN(LUNA SEA)コメント
また、やられた…….!
待望のU2最新作、Songs Of Experience。
懐かしくも、それでいて新しいサウンド。
そして、決して変わることのない”愛”をボノは歌う。
優しくも力強さに満ちたその曲達は、
きっと、この世界の誰の心にも響き渡り
僕らが願う限り、、
どんな場所にでも、誘ってくれるだろう。
誰もが望む、新たな旅へと。

名盤が、
また、産まれた…….!!!!

◎岸田 繁(くるり)
どれほど時代やプロダクションが変化しようと変わることのないU2の魅力。
それは4人の変わらないサウンドであり、一つの大きな塊のようなフレッシュな楽曲そのものだ。
とりわけ、ベースのサウンドと演奏が素晴らしいと思った。
ロックバンドにおいてシンプルで気の利いたベースは何より重要なマテリアルだ。

※50音順/敬称略

関連記事リンク(外部サイト)

U2のボノとジ・エッジ、ベルリン地下鉄2号線“U2”でサプライズ・ライブ
U2/フー・ファイターズ/SZA、『SNL』へ出演決定
U2ボノ、「パラダイス文書」を巡る批判に反論

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。