体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オアシスの訛った英語に乃木坂46・齋藤飛鳥も興味津々

オアシスの訛った英語に乃木坂46・齋藤飛鳥も興味津々
J-WAVEで放送中の番組「POP OF THE WORLD」(ナビゲーター:ハリー杉山)のワンコーナー「HARRY’S ENGLISH CLASS」。ハリー杉山が英語初心者である乃木坂46・齋藤飛鳥に英語を教えるコーナーです。12月9日(土)のオンエアでは、リスナーからの質問に答えました。

■「縁起が悪いから言わないで!」を英語で。
「浪人生なのですが、受験シーズンが近づいて縁起の悪い言葉に敏感になってきました。そこで『縁起が悪いから言わないで!』と、英語で何というのか教えてください」という質問。これにはシンプルな表現があるそうで「Don’t jinx me」というもの。「悪いオーラをこちらに向けないで」という王道の言葉なのだとか。

■英会話のときの相槌の打ち方は?
続いては「通学のときに、外国人2人組に英語で話しかけられます。辛うじて聞き取れますが、聞いているとき、地蔵のように固まってしまって失礼なのではと思いました。そこで英会話中に使える相槌を教えて」というリクエスト。

会話の合間に「oh」、真剣に聞いているときは「oh really?」、一番使う「I see」などがあるそうです。「ちゃんとあなたの言ってることを理解してますよ」と伝わる言葉ですので、ぜひ使ってみてください。

■レジのバイトで使える英語。
さらに「レジのバイトをしているとき、外国人のお客さんに、金額が足りなくて『あと○円頂けますか?』と聞くのが難しいかったので教えてください」というリクエスト。これには、例として3円足りなかった場合、「You’re short by 3 yen.」(あと3円頂けますか?)とハリーが伝授。もし、多く貰ってしまった場合は「You’re over by 3 yen.」というフレーズが使えるそうです。

さらに、オアシスが好きというリスナーから「オアシスの曲は英語の訛りが強いと言われたけど本当?」という少し変わった質問が届きました。ハリー曰く「ギャラガー兄弟の日常会話はマンチェスター訛り。イギリスは、北に行けば行くほど訛りが強くなるんだけど、歌はそうでもない。ただ、よく聴いてみると”こんな発音だっけ?”って言葉がある」とのこと。

人気曲「Whatever」の歌詞にある「Before we get on the bus. And cause no fuss.」の「bus」と「fuss」の部分がさりげなく訛っていてるそうで、こうして地元をアピールすることがあると、ハリーが解説。オンエアでは実際にこの曲を聴いてみました。

その他にも、地域によって違う言い回しの言葉があるという話に、齋藤も「へぇ、面白い」と興味深く聞いていました。

さて、次回12月16日(土)の「HARRY’S ENGLISH CLASS」では、これまでの「スター・ウォーズ」の名場面から気になる英会話をお届けしますよ。お楽しみに!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「POP OF THE WORLD」
放送日時:毎週土曜 6時−8時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/popworld/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。