体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

吉岡里帆×桐谷健太が共演トーク 「ひと肌脱ぎます!」

吉岡里帆×桐谷健太が共演トーク 「ひと肌脱ぎます!」
J-WAVEで放送中の番組「UR LIFESTYLE COLLEGE」(ナビゲーター:吉岡里帆)。12月10日(日)のオンエアでは、俳優の桐谷健太さんをゲストにお招きしました。

桐谷さんは1980年、大阪府生まれ。2002年にテレビドラマ「九龍で会いましょう」で俳優デビュー。その後「ROOKIES」「天皇の料理番」「ソラニン」「彼らが本気で編むときは、」など数々のドラマや映画に出演し、現在は映画「火花」「ビジランテ」が公開中。さらに来年1月からスタートするドラマ「きみが心に棲みついた」に吉岡と共に出演します。

ということで、話題は撮影が始まったばかりのドラマについて。

吉岡:このドラマ、一言で説明するのは難しいんですけど…
桐谷:もう台本が5話くらいまで出来ているけど、読めば読むほど面白くなっている。最初は「これ結構攻めた作品やな…」と思った!だって吉岡ちゃんの役とか、かなりチャレンジングな役やし、これはやり切ったら凄いいいと思う。そこを向井理くんと俺とで、いい感じでかき回していきたいなと。これはホント、小川今日子(吉岡の役)にかかってますよ。
吉岡:うわー怖いー(笑)。でも私も、ムロツヨシさんに初日に言ったんです。「このドラマ、絶対いい作品になる気がするんですけど」って。そうしたらムロさんが「本当にやめて、怖いから。先輩に圧かけるのやめて」って(笑)。私が演じる「キョドコ」っていうあだ名の小川今日子という役は、星名という向井理さん演じる男性にトラウマを植え付けられて依存して、その依存度が異常なんですよね。登場人物がみんなどこか患っていて、憎悪に満ちてドロドロしている。その中で桐谷さん演じる吉崎というのは、唯一希望が持てる存在というか…。
桐谷:今回、結構体も張るよね?
吉岡:張りますよ!
桐谷:みなさん、今回吉岡里帆、体張ります(笑)。
吉岡:今まであまり、体張ること、なかったんですけどね…。でも作品としてチャレンジすることは、怖いことだけど意味もあるし、それで作品に色がついたり勢いがでるなら、いいことだなと思います。
桐谷:いいと思うし、これは話題になると思うけどね。
吉岡:ひと肌脱ぎます(笑)、頑張りますよ!

と、1月のドラマについては結構意味深な発言も飛び出しました。その後、話題は桐谷さんの子供のときの話に。シャイな子供だったという桐谷さんが俳優になりたいと思ったルーツは、幼稚園の学芸会でやった”ライオンB役”で笑いが取れて、主役を完全に食ってしまった事がきっかけなのだとか。

「笑って貰える喜びを感じて。5歳のときから役者という仕事がしたいと思ってから、ほぼブレずに来ました。中学時代にギャンブラーになりたいとか、高校時代に世界中で暮らす旅人になりたいとかも思いましたが、“役者って両方あるわ!”と思って、やっぱ役者やなと。」(桐谷さん)

その他にも地元の大阪の思い出や好きな場所、さらには訪れた海外の話なども伺いました。

さて、次回12月17日(日)の「UR LIFESTYLE COLLEGE」では、作家で、お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹さんがゲストに登場! 吉岡がセレクトした絵本プレゼントもあります。どうぞお聴き逃しなく!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「UR LIFESTYLE COLLEGE」
放送日時:毎週日曜 18時−18時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/lscollege/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。