体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

B&Oから初の完全ワイヤレスイヤホン「Beoplay E8」、3万2890円で発売

イヤホンを買い換えるなら、断然使い勝手がいいのがワイヤレスタイプ。

最近はさまざまなメーカーから出ているが、今回はこのほど登場したBang & Olufsen初の完全ワイヤレスイヤホン「Beoplay E8」を紹介しよう。

・老舗の技術

Bang & Olufsen(バング&オルフセン)といえば、オーディオ関係に詳しい人ならご存知、デンマークの老舗。質の高いオーディオ技術には定評がある。

そのBang & OlufsenのカジュアルブランドB&O Playから今回リリースされたBeoplay E8は、同ブランド初の完全ワイヤレスイヤホンとなる。

・アプリで聞こえ調整も

特徴の一つが、独自設計の5.7mmダイナミックドライバーを搭載していること。それから、NFMI(近距離磁界誘導)ペアリングを採用しているのも注目に値する。

NFMIは補聴器などに活用されてきた技術で、これにより音の途切れを抑制でき、安定して音楽を楽しめるのだという。

また専用アプリ(無料)で聞こえをカスタマイズしたり、イコライザーを調整したりすることもできる。

・タップして操作

Beoplay E8は4時間の再生が可能で、専用ケースで2回フル充電が可能。イヤーピースをタップして再生・停止、曲送りなどの操作ができるのも気が利いている。

B&O ならではのスタイリッシュなイヤホンBeoplay E8は現在、Amazonなどで購入でき、価格は3万2890円となっている。音楽好きの人買ってもいいかも。

Bang & Olufsen

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。