体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

派手な車が多かったLAオートショー2017に登場した注目モデル13選!

▲米国、ロサンゼルスのコンベンションセンターで、12月1日から10日まで開催されたLAオートショー。以前はデトロイトほどの国際的なショーではなかったが、近年は存在感を増してきている

▲米国、ロサンゼルスのコンベンションセンターで、12月1日から10日まで開催されたLAオートショー。以前はデトロイトほどの国際的なショーではなかったが、近年は存在感を増してきている

派手なモデルが多かったLAショー

ZEV(ゼロエミッションビークル)規制の言い出しっぺ、カリフォルニア州のロサンゼルスで開催されるLAオートショー。

ZEV規制の新レギュレーションが施行される2018年目前の時期に開催されたが、そんな雰囲気もどこ吹く風。派手なモデルの目立つショーであった。

▲トヨタが小型SUVのスタディモデルとして発表した「FT-AC」。FTは未来(フューチャー)、ACはアドベンチャーコンセプトの略だという。樹脂製ワイドフェンダーに収まるタイヤは20インチを採用。黄色いけん引フックや、前後のアンダーガードも迫力満点

▲トヨタが小型SUVのスタディモデルとして発表した「FT-AC」。FTは未来(フューチャー)、ACはアドベンチャーコンセプトの略だという。樹脂製ワイドフェンダーに収まるタイヤは20インチを採用。黄色いけん引フックや、前後のアンダーガードも迫力満点

▲これまで登場が噂されていた「レクサス RX」の3列シート仕様がLAオートショーで正式デビュー。リア部を110mm延長することで、大人も快適に過ごせる3列目シートが備えられている。この3列目は電動格納で床下にしまわれ、フラットな床面の荷室として利用が可能

▲これまで登場が噂されていた「レクサス RX」の3列シート仕様がLAオートショーで正式デビュー。リア部を110mm延長することで、大人も快適に過ごせる3列目シートが備えられている。この3列目は電動格納で床下にしまわれ、フラットな床面の荷室として利用が可能

▲中国の広州モーターショーでも登場した、日産のコンパクトSUV「KICKS」がLAオートショーでも展示されていた。元々南米向けのモデルだったのだが、米中で相次いで投入されたことで、一気にワールドモデルとなっていくことだろう

▲中国の広州モーターショーでも登場した、日産のコンパクトSUV「KICKS」がLAオートショーでも展示されていた。元々南米向けのモデルだったのだが、米中で相次いで投入されたことで、一気にワールドモデルとなっていくことだろう

▲日本でもスカイラインクロスオーバーとして販売されていたミドルクラスSUV「インフィニティ QX50」がフルモデルチェンジを果たした。日産が進める自動運転技術、プロパイロットが装備される。この変更を機に、FFベースのプラットフォームに改められた

▲日本でもスカイラインクロスオーバーとして販売されていたミドルクラスSUV「インフィニティ QX50」がフルモデルチェンジを果たした。日産が進める自動運転技術、プロパイロットが装備される。この変更を機に、FFベースのプラットフォームに改められた

1 2 3次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。