体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Dragon Ash・ATSUSHI「この6年は振り返らない」

Dragon Ash・ATSUSHI「この6年は振り返らない」
J-WAVEで放送中の番組「SUNRISE FUNRISE」(ナビゲーター:レイチェル・チャン)のワンコーナー「FUTURE DESIGNERS」。12月10日(日)のオンエアでは、Dragon Ashのパフォーマー・ATSUSHIさんをお迎えして、2009年にスタートしたプロジェクト「POWER of LIFE」に注目しました。

ATSUSHIさんは、2001年にDragon Ashのサポートメンバーとなり、2003年に正式加入。2006年からはソロ・ダンサーとしても国内外で活動を開始しています。

「POWER of LIFE」というプロジェクトは、ATSUSHIさんが立ち上げた、命の素晴らしさを伝え、命が救えることであれば何でもやっていくというもの。

東日本大震災が発生した後は、炊き出しや、出会った犬を保護して飼い主を戻したりしていたそうです。さらに、宮城県塩竃市で「GAMA ROCK FES」を立ち上げました。このフェスは塩竈市出身の写真家・平間至さんとタッグを組んでおり、レイチェルは2011年4月の炊き出しで平間さんと塩竈市を訪れた時に、ATSUSHIさんにもお会いしたそうです。

ATSUSHI:Candle JUNEくんやMONGOL800のキヨサクくんと、みんなでライブをやった時?
レイチェル:まだ何もない頃に、駐車場でキャンドルの灯りでライブをやりましたよね。
ATSUSHI:あの時が「GAMA ROCK FES」の0回目って言われてます。そういう場を作ることによって、再会したり、連絡がとれなかった人が連絡をとれたりとかできるので、そういう場作りをやってるんだと思います。

「GAMA ROCK FES」は地元の皆さんと一緒になって大きく成長しています。ATSUSHIさんによると「みんなで一歩ずつ進めている感じはあります。震災から6年以上経っているので、新しく生まれてくる命も多くて、子どもたちも大きくなってるし」とのこと。ただし、まだまだやらないといけないことがたくさんあるため、今までのことはまだ振り返らないようにしているそうです。「涙が出そうな出来事もあるものの、できるだけ喜びに変えていきたい。ダンスはコミュニケーションツールだから、いろいろな人が繋がるきっかけになれたら」と語りました。

後半は、20周年を迎えたDragon Ashの今後についてもお聞きしました。来年1月28日(日)には、横浜アリーナでツアーファイナルを迎えます。こちらも楽しみですね!

さて、次回12月17日(日)は、料理研究家の土井善晴さんをお迎えして、家族で囲む食卓や家庭料理の未来について話を伺います。どうぞ、お聴きください!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SUNRISE FUNRISE」
放送日時:毎週日曜 6時ー9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sunrise/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy