体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

プリプリの牡蠣を焼いて味わう「焼き牡蠣」

12月10日放送の「バナナマンのせっかくグルメ!」(TBS系、午後18時30分~)では、福岡県・糸島を訪れたら絶対に食べておきたい絶品グルメを探した旅の中で、「唐泊恵比須かき小屋」(福岡県福岡市西区)が紹介された。

同店は、JR筑肥線・九大学研都市駅から車で24分程にある牡蠣小屋。300人収容することができる福岡県で大きな牡蠣小屋として有名なお店だ。驚くべきは牡蠣の値段。こちらのお店では「牡蠣10個(1kg)」(1,000円)で頂くことができる。値段を聞いた日村勇紀(バナナマン)さんは「え、これで1,000円?こんなの東京で食べたら1個で1,000円でしょ!」と驚きの声を上げていた。

日村さんが焼いた牡蠣を頂くと「あっちぃ!うまぁーい!おー、ああいいねこの感じ・・・これはたまんないね!」と絶賛。こちらの牡蠣は波が高い博多湾で養殖しているため身がプリップリで貝柱が大きいのが特徴だ。

続いてお店の方がオススメする「牡蠣メシ」(300円/税込み)を頂く事に。糸島産の米を牡蠣の出汁で炊いた贅沢な一品だ。日村さんが「牡蠣メシ」を頂くと「もううまいわ!牡蠣だわ、ただ牡蠣だわ!いやこの牡蠣の出汁がものすごく染みてるじゃん!牡蠣じゃん!いやあ、おいしいわ!うまい最高だわ!」と完食し、満足した様子だった。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:唐泊恵比須 かき小屋(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:その他西区・糸島のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:その他西区・糸島×和食のお店一覧
「美味しい」が揚がる音「五目あんかけおこげ」
こだわりの衣「天ぷら盛り」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy