体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ハリー・スタイルズ、初ソロツアーは「大好きな日本」でフィナーレ!

ワン・ダイレクションのハリー・スタイルズが、12月7日・8日にソロとしては初の来日公演を開催した。2018年5月にはさらに規模を拡大したツアーで再び日本に帰ってくる。
12月8日@東京 EX THEATER ROPPONGI (okmusic UP's)

「日本と東京が大好きだからここでツアーを終えたかった」。そう語ってオーディエンスを湧かせたハリー・スタイルズは、9月に始まった初のソロ・ツアーの第一部最終公演を12月8日、東京のEX THEATER ROPPPONGIで敢行。ファースト・アルバム『ハリー・スタイルズ』の全収録曲にフリートウッド・マックなどのカバーを加えた、計15曲を披露した。

ワン・ダイレクション時代は考えられなかった小さな会場とあって、興奮し切ったファンの前に、深紅のグッチのスーツをまとい、ギターを抱えて登場した彼。4人編成のバンドを従えて、アップビートな曲ではミック・ジャガーを思わせる挑発的な身のこなしを見せ、歌声も以前よりタフに響かせて、存在感満々のロックンローラーに変身を遂げていた。ワン・ダイレクションの『ストックホルム・シンドローム』と『ホワット・メイクス・ユー・ビューティフル』も、思い切りロックにアレンジして聴かせるが、あちこちで日本語のMCを挿んだりと(『ニホンニスミタイ! カエリタクナイ!』などなど)、サービス精神の旺盛さは相変わらずだ。

サービス精神と言えば、アンコールでもこの日だけの素敵なサプライズを用意していた。いきなりフロアを見下ろすバルコニーに現れたハリーは、マイクも使わずに、アコギの弾き語りでリトル・ビッグ・タウンの『Girl Crush』を歌ってくれたのである。その後、大ヒット曲『サイン・オブ・ザ・タイムズ』でショウを締め括ると、お馴染みの「ガンバリマース!」の掛け声をキメて、たくさんの投げキスを送りながらステージをあとにした。

Text by 新谷洋子

【セットリスト】

Ever Since New York

Two Ghosts

Carolina

Sweet Creature

Only Angel

Woman

Meet Me In The Hallway

Just a Little Bit of Your Heart (アリアナ・グランデ カバー)

Stockholm Syndrome (ワン・ダイレクション)

What Makes You Beautiful (ワン・ダイレクション)

Kiwi

<アンコール>

Girl Crush (リトル・ビッグ・タウン カバー)

From The Dining Table

The Chain (フリートウッド・マック カバー)

Sign of the Times
アルバム『ハリー・スタイルズ』
発売中

¥2,400+税

※解説・歌詞・対訳付き

<収録曲>

01. Meet Me in the Hallway  ミート・ミー・イン・ザ・ホールウェイ

02. Sign of the Times サイン・オブ・ザ・タイムズ

03. Carolina カロライナ

04. Two Ghosts トゥー・ゴースツ

05. Sweet Creature スウィート・クリーチャー

06. Only Angel オンリー・エンジェル

07. Kiwi キウイ

08. Ever Since New York エヴァー・シンス・ニュー・ヨーク

09. Woman ウーマン

10. From the Dining Table フロム・ザ・ダイニング・テーブル
【2018年 来日公演情報】
5月10日(木)  神戸ワールド記念ホール

5月12日(土)  幕張メッセ

https://www.creativeman.co.jp/artist/2018/05harry/
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。