体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

World Cup Skateboarding Japan FINAL開催!WCSを制したのは

 

12月10日、東京都足立区のムラサキパーク東京にてWorld Cup Skateboarding Japan FINALが行われ、国内のトップスケーターと海外のライダーが参戦した。

 

日本では2回目の開催となるWorld Cup Skateboarding(以下WCS)は10月15日に予選が行われ、1位:根岸空 同点1位:石塚拓也 3位:西宮ジョシュア 4位:白井空良 5位:松本崇の上位5名と招待選手らが今回の最終戦へと駒を進めた。

 

優勝賞金50万円。2位が30万円、3位が20万円の賞金総額100万円。ルールは2本のランの内のベストラン1本。ベストトリック5本の内の上位3本の平均点。その二つを合わせた得点で順位が争われた。

 

マガジンサミット枠・中浦大輔

※愛知を代表するスケーター「中浦大輔」

 

なんと!今回特別にマガジンサミット枠が設けられ、愛知を代表するビックトリッカー中浦大輔の参戦が急遽決定!

 

やってみたら出来たという本人命名のトリック「エアウォーク風“キセキ”」などダイナミックなスケートスタイルで会場を沸かせた。

 

※中浦大輔「エアウォーク風“キセキ”」

 

※西宮ジョシュア「スイッチ50-50」

 

今大会、個人的に注目していたのは、西宮ジョシュア選手。彼は小学生の頃からムラサキパーク東京に通うローカルスケーターで、10月に代々木で行われた予選ラウンドから勝ち上がってきた。最近ストリートでの活動を中心に頭角を現してきているスケーターの一人だ。

 

ベストトリックの最後には、SNSを通じてスケートボード界で話題になった“あのトリック”をメイクし会場を沸かせるなど、その愛嬌も彼の魅力の一つ。

 

WCSを制したのは

※表彰式

 

1位 Richard Tury リチャード ターリー/スロバキア

2位 白井 空良

3位 池 慧野巨(ケヤキ)

 

※リチャード ターリー「B/Sノーズブラント」

 

優勝は昨年4位だったリチャード・ターリー

2位にムラサキパーク東京のライダーでもある白井空良。

今大会注目の池慧野巨は昨年同様の3位を獲得した。

 

※白井 空良「F/S180スイッチKグラインド」

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy