体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【台湾おすすめ観光名所】ミシュラン三ツ星獲得の台北「北投温泉」を現地ルポ

【台北】ミシュラン三ツ星獲得の「北投温泉」を現地レポート
コンクリートの街並みから一変、マイナスイオンたっぷりの緑豊かな「北投温泉」。台北市内から地下鉄MRTで行ける、リラックス度満点の温泉街です。

【台北】ミシュラン三ツ星獲得の「北投温泉」を現地レポート
(C)sweetsholic

それでは早速、北投温泉へレッツゴー!

【台北】ミシュラン三ツ星獲得の「北投温泉」を現地レポート
乗り換えの北投駅プラットホーム。とってもフォトジェニック (C)sweetsholic

歴史ある北投温泉マメ知識

【台北】ミシュラン三ツ星獲得の「北投温泉」を現地レポート
(C)sweetsholic

温泉街として開発が進む前のこと。北投区は1000年もの間、先住民が暮らしていた長い歴史があります。煙が立ち込める神秘的な当地を先住民のケタガラン族は「巫女(patauw)」と呼んでいたそうです。なんとも美しい響き!

その後、台湾が日本統治下にあった1893年にドイツの硫黄商人が温泉を発見、1896年には大阪商人が台湾初の温泉宿「天狗庵」を開きます。温泉の泉質は白硫黄泉、青硫黄泉(ラジウム)、鉄硫黄泉の3つあり、戦時中には湯治場として兵士たちの傷を癒したと言います。

北投は自然の美しさや豊かな文化・歴史などから、「ミシュラン・グリーンガイド」(ミシュランの旅行ガイド)で三ツ星を獲得。※北投区の詳しい歴史については、北投温泉博物館(※現在は改装中で2018年10月に完成予定)で学ぶことができます。

【台北】ミシュラン三ツ星獲得の「北投温泉」を現地レポート
(C)sweetsholic

門構えがとても立派な新北投駅で下車。

【台北】ミシュラン三ツ星獲得の「北投温泉」を現地レポート
(C)sweetsholic

駅の改札口付近にあるお土産ショップに、温泉気分が盛り上がります。

【台北】ミシュラン三ツ星獲得の「北投温泉」を現地レポート
(C)sweetsholic

駅から徒歩約3分のところにある、緑生い茂る広々とした復興公園。

【台北】ミシュラン三ツ星獲得の「北投温泉」を現地レポート
(C)sweetsholic

通常は園内にある足湯が無料で楽しめるのですが、足を運んだ日は点検のためお湯がありませんでした。うーん、残念!

【台北】ミシュラン三ツ星獲得の「北投温泉」を現地レポート
(C)sweetsholic

駅から中山路に沿って歩くと、ログハウスのような佇まいの「北投図書館」や現在は改装中の「北投温泉博物館」「露天温泉浴池」などを有する北投公園が見えてきます。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。