体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

家族にも内緒です。大阪のママたちの隠れ家「ねき」

家族にも内緒です。大阪のママたちの隠れ家「ねき」

「うちの祖母がよく使ってたんです。『ねき寄り〜』って。そばとか近くっていう意味なんですけどね」

大阪でも、年配の人しか使わなくなった方言のひとつ「ねき」。それが、このお店の名前です。

でも、実際に訪れてみて納得しました。自分の家の「そば」に欲しい…。
一品一品が美味しくて、どこかホッとする。そんな食事が楽しめました。

カラフルな
OBANZAI(おばんざい)

家族にも内緒です。大阪のママたちの隠れ家「ねき」

この日、選んだのは

・人参とクスクスの蜂蜜マスタードマリネ
・つるむらさきのエスニック炒め
・ひよこ豆ときのこのスパイス炒め
・かぼちゃのスパニッシュオムレツ
・塩麹漬むし鶏のサラダ

の5品。

最初は正直「足りるかな、満足できるかな」と思いましたが、見事にその予想は打ち返されました。

うまい…。

ただ、取材をしていて素朴な疑問が浮かびました。
これって何料理って言うんだろう?

「自分の料理を“創作料理”って言うのは、なんか恥ずかしいというか、違う気もしていて、自分でも何料理って言うのがいいんだろう…と考えることもあります。でも、さまざまな国の料理を本で勉強したり、実際に食べ歩いたり、時には外国人の方のお宅に習いにいったこともあって、それを日本人である自分の口に合うようにアレンジしたり、何度も試行錯誤するなかで、今のレシピに仕上がってきたんだと思います」

そう語るのは、東京で約8年フードコーディネーターとして働いていたという女性オーナーの泉裕子さん。これこそ自分の天職だ、と充実した毎日を送っていたものの、都会の忙しないライフスタイルから一変、生まれ育った高槻市でお店を構えることに。

野菜をふんだんに使った「OBANZAI(おばんざい)」は、地元の女性たちを中心に、知る人ぞ知る名店として愛されています。

上の盛り合わせで1,000円と、お財布にも優しいんです。家族にも内緒です。大阪のママたちの隠れ家「ねき」家族にも内緒です。大阪のママたちの隠れ家「ねき」

「わたし自身、野菜が好きなので、そういうメニューが中心です。味付けはもう本当に色々で、イタリアン系からエスニック系まであります。両親が岡山で畑もやっているので、そこの野菜を使うこともありますよ」

と、泉さん。

しっかりめの味付けは、男性も満足できるはず。家族にも内緒です。大阪のママたちの隠れ家「ねき」家族にも内緒です。大阪のママたちの隠れ家「ねき」 やさしい味なのに、意外と満腹感もある「茄子と胡麻豆乳のスープ玄米」は、ランチの人気メニュー。家族にも内緒です。大阪のママたちの隠れ家「ねき」

ある常連のママさんは、こんな話をしてくれました。

「すごく近所に住んでるんですけど、ここだけは家族も知らないんです。ひとりで来たり、ママ友たちと来たり——。ひとつくらい、そういうお店があってもいいですよね」

家族にも内緒です。大阪のママたちの隠れ家「ねき」家族にも内緒です。大阪のママたちの隠れ家「ねき」

取材日は、あいにくの雨でした。最寄駅が、高槻駅のひとつ手前にある「摂津富田」というのも、渋いポイント。

でもこの「ひっそり感」こそ、ねきの魅力なんですよね。

「ねき」

住所:大阪府高槻市冨田丘町6-18
(最寄駅:JR摂津富田駅)
TEL:070-5366-3092
営業時間:水〜土 18:00〜23:00、火 11:00〜16:00(予約制)
定休日:日曜日、月曜日

Photo by JAPAN LOCAL

関連記事リンク(外部サイト)

6席しかないのに、なぜか通っちゃう大阪の名店「さささ」
大阪・新世界の商店街で「値札のないマーケット」
うす暗い通路の先にあった、大阪を代表するフワッフワ。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。