体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

子連れに嬉しいサービスがいっぱい!ママ友とのランチは、カラオケ店がおすすめ!

f:id:akasuguope01:20170826201911j:plain

産後、子育てのストレス発散のために「ママ友ランチなどをしたい」と思っても、小さい子どもを連れているといろいろと制限されてしまいます。

例えば、まだ集中力がない子どもは、じっと座っていることができません。

立ち歩いたり、手近な物を掴んで投げたりと大暴れしてしまいます。

周りのお客さんに気を付けながらランチをすると、逆にストレスが溜まってしまうケースも…。

そんな時、ママ友から「カラオケ店に行かない?」と誘われました。

息子が1歳2ヶ月の頃でした。

「カラオケは、子連れが来るところではない」と思っていた私は驚きました。

実際に行ってみると、その進化に驚きました。

そもそもカラオケだと個室のため、他のお客さんに迷惑がかかることがありません。

しかも、お得なランチメニューやフリードリンクを付けることで、気兼ねなくママ友とおしゃべりができるのです。

また、全てのカラオケ店ではありませんが、一部の店舗では離乳食持ち込みOKなど、小さい子どもを連れていても入れるカラオケ店がありました。 関連記事:ママ会にぴったり!動き回る子どもにも、財布にも優しい…いいことずくめの「〇〇〇〇」とは? by ぴよととなつき

そんなカラオケ店のなかでも、私が最も便利だと感じたのは、キッズルームがあるカラオケ店です。

キッズルームがあるとないとでは、便利さが大きく異なります。

普通のカラオケ店の個室は、ソファーがあり、高いテーブルがあるだけといったシンプルな作りが多いですが、キッズルームは違います。

まず、段差が少ないのです。

そして、子供が遊べるようにボールプールがあったり、簡単なアスレチックがあったり、玩具や絵本が置いてあったりと、子どもが楽しく過ごせるよう工夫されているんです。

私たちが、おしゃべりしている時は、子どもたちはボールプールやアスレチックで遊んだりと飽きることなく思いっきり体を動かすことができます。

しかも、個室のため周りのお客さんを気にせずに遊ばせることができるので、子どもにもママにもストレスフリーだと思いました。

テーブルの高さも大人用と、子ども用と分けられている店舗もありました。

マイクのボリュームを抑えエコーをなくした状態で、子どもが好きなアニメの曲を流したり、ママさんと一緒に歌ったりみんなで楽しむこともできます。 関連記事:無料で居心地も花マル♡ 赤ちゃんもママも楽しめる【おでかけPark】へ行ってきました! byグラハム子

初めて子連れでカラオケ店にいってから、私はママ友ランチは決まってカラオケでするようになりました。

ランチタイムに使えるお得なクーポンを使うので、お財布にもやさしいです。

f:id:akasuguope01:20170826201919j:plain

著者:tatto

年齢:27歳

子どもの年齢:11歳、8歳、1歳、妊娠24週目

男の子ばかりで賑やかな家庭です。三男が生まれてから、長男は面倒見がよくなり毎日のように遊んでくれています。これからの成長が楽しみです。 最近の趣味は、離乳食の創作料理にはまっています。何でも、良く食べていた三男が好き嫌いをしだしたので、あの手この手で毎日苦戦しています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

超慎重だった第一子のお出かけ。二人目以降はそうもいかない!?
赤ちゃんと二人だけで初飛行機!でも飛行機ならではのメリットも
新生児と1歳児、年子の兄弟を連れての外出。少しでもストレスなく、自分も楽しむ方法とは

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。