体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

洋菓子店超え!? 『ホルン ティラミス仕立て』はマスカルポーネチーズ香る期間限定風味!

 

今年の冬も様々なチョコブランドから新作が続々登場。期間限定発売となった『ホルン ティラミス仕立て』は、イタリア生まれのドルチェ・ティラミスをラングドシャと濃厚クリームで再現したチョコレートスナックだ。

明治「ホルン」初のティラミス風味!

 明治「ホルン」は1998年誕生、来年めでたく発売20周年を迎える大人気チョコレートスナック。サクサクのラングドシャ(薄焼きの細長いクッキー)に濃厚なホイップクリームを包んだ上品な味わいは、こどもから大人まで多くの女性たちを夢中にさせている。明治製菓といえば「メルティーキッス」や「フラン」、「ガルボ」などふわっとしたなめらか食感のチョコレートがお得意で、「ホルン」もいかにも明治らしい上品な味わいが特徴的。

「ホルン」の定番はミルクショコラ味とストロベリー味で、今回新発売の『ホルン ティラミス仕立て』(8枚入・希望小売価格 税抜200円・2017年11月14日発売)はブランド発のティラミス風味! ティラミスの味わいをモチーフにしたチョコレートはめずらしくはないが、ふわっとしたなめらか食感のホルンでどう表現されるのかとても楽しみだ。

 

スポンジケーキを超えた!? 『ホルン ティラミス仕立て』は、もはやスイーツだった!

『ホルン ティラミス仕立て』は高級感あふれる緑のボックス入り。一見「抹茶味かな」とも見間違うが、スポンジケーキのティラミスの写真がしっかり入っている。中身はというと、個包装で1箱8本入り。家族や友人とシェアしやすく、学校やオフィスでも食べやすい。

ティラミスといえばイタリア生まれのドルチェで、生クリームを加えたマスカルポーネチーズとコーヒーをしみこませたスポンジーケーキをダブルで楽しめるのが魅力。マスカルポーネチーズはもともとなめらかな食感が特徴なのに、そこにさらに生クリームが入っているからとろとろの食感がたまらない。そんなティラミスの味わいを、『ホルン ティラミス仕立て』は発酵バターを配合したココア風味のラングドシャとホイップホワイトショコラで再現したという。

 

さっそくひとつ開封すると、もう袋を開けた時点でマスカルポーネチーズの香りがすごい! 見た目はココアを感じるブラウンだが、香りは完全にチーズが勝っている。ひとくち食べてみると、チーズとココアパウダーの香りがふんわりやさしく、甘いスポンジケーキのようなホイップクリームの食感! もう完全にティラミスそのものだった!

後味はほのかにカカオの苦み。片手で手軽に食べられるチョコとは思えない、スポンジケーキのティラミスを超えたかと思えるようなおいしさだった。ほろ苦い珈琲やストレートティーと一緒に味わうのがおすすめ。

『ホルン ティラミス仕立て』は全国のスーパーやコンビニエンスストア、ドラッグストアなどで幅広く発売中。2017年11月14日から期間限定発売、なくなり次第終了だから今すぐチェックを。

 

明治 ホルンティラミス仕立て 8本 10コ入り
明治 ホルンティラミス仕立て 8本 10コ入り

 

関連記事リンク(外部サイト)

『小枝プレミアム<梅酒>』なめらかチョコに梅酒を合わせるという荒技、しかし絶品ハーモニーが生まれた!?
『トッポ×ちはやふる<フルーツタルト>』人気コミックの中で登場したフルーツタルトを再現!
イタリアンな焙煎ナッツチョコが10年の時を超えて再び復活!『ダース〈ジャンドゥーヤ〉』
温めるとホクホク!秋限定『カントリーマアム 熟成焼き安納芋』はブランドさつまいもを使った激うまスイーツ!
焼きパンの上のフルサイズソフトで人気のアレを再現! 『ロッテ パイの実<コメダ珈琲店監修シロノワール>』

おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。