体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ヒュー・ジャックマンが『007』ジェームズ・ボンドを断った理由を告白

ヒュー・ジャックマンが『007』ジェームズ・ボンドを断った理由を告白

現在、新作映画『グレイテスト・ショーマン』のプロモーションで大忙しのヒュー・ジャックマンだが、『Variety』誌によるインタビュー記事の中で、過去に『007』ジェームズ・ボンド役のオファーを断った理由を明かしている。

5代目ジェームズ・ボンド、ピアース・ブロスナンの後任として、ダニエル・クレイグが6代目を務めているが、ジャックマンは、2002年に6代目のオファーを受けていた。オファーを断った時のことを、ジャックマンは同誌にこう説明した。

「ちょうど『X-MEN 2』の撮影に入ろうとしていた頃、事務所からボンド役に興味があるかと聞かれた。当時、(007の)台本が非現実的でクレイジーだと思ったし、もっと地に足のついた現実的なものにすべきだと言った。そうしたら、『そんなこと聞いてるんじゃないい。とにかくサインしてくれ』という反応が来てね・・・。『X-MEN』の撮影もあったし、別の映画を撮る時間もなかったから断ったよ」

今回の興行師P・T・バーナムの半生を描いたミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』のように、今までと違うことをするのはジャックマンにとって非常に重要なことだ。『X-MEN: ファイナル ディシジョン』(2006)から『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』(2009)までの間、人々からヒーロー役だけを求められ、「ちょっと窮屈」に感じていたという。その後、舞台で様々な役を演じたり、トニー賞のホストを務めエミー賞を獲得したり、『プリズナーズ』でダークな役を演じたりと、自身のキャリアを多様化させてきた。

49歳のジャックマンは、自身の実力を十分に発揮してきたように見えるし、『007』シリーズも十分な進化を遂げてきた。ダニエル・クレイグが去ったあと、ジャックマンが「ステアではなくシェイクで」マティーニを注文する姿をぜひ見てみたいものだ。

『グレイテスト・ショーマン』は、217年12月20日に全米公開予定(2018年2月16日に日本公開予定)。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

今年、米国で最も多くツイートされた映画/TV番組が発表!
米バスケ界の「名物親父」ラバー・ボール氏、トランプ大統領からの挑発にGIFアニメで応戦!
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』に、キャリー・フィッシャーの愛犬がモチーフのキャラクターが登場
イヴァンカ・トランプ、息子とのほのぼのとする写真を投稿するも「思わぬミス」でプチ炎上
クエンティン・タランティーノ、J・J・エイブラムスと『スター・トレック』新作映画でタッグか

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。