体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東洋占星術をもとにした毎週の占い。12/11-12/17の運勢をチェック!

kyamera

毎日をより楽しくハッピーなものにするために、キラが東洋占星術をもとにアドバイスします。

fortune reading KIRA(http://twitter.com/kineko8

photo Kyozan Ueda

あなたの星の出し方

 
まず、生まれた年の西暦の各数字を、1から10のいずれかになるまで足してください。
次に、11からその数字を引いて出た数があなたの星のナンバーです。

例1976年生まれの場合

1+9+7+6=23

2+3=5

11-5=6

1976年生まれの人のナンバーは6になります。

ただし、1月1日から2月の節分までに生まれた人は前の年の星になります。例えば1976年1月18日生まれの人は1975年生まれとして計算してください。

 12/11-12/17の運勢

1・水の星の人

12月の全体運
物事の変化が起こりやすい月です。また、それは、自分自身の心はもちろんですが、取り巻く環境や身近にいる人に起こる可能性も高くなっています。
幸運を招く方角 東南
ご利益フード  ガイヤーン

今週の運勢(12/11~12/17)
客観的に物事を見る、ということが必要とされるタイミングです。自分なりの解釈や常識は、つまり主観的な考えは、ちょっと脇に置いておいた方が良さそう。それよりも、世間一般ではどうか、といった見方や、自分自身が現在置かれている状況の中での決まりのようなことを判断材料にすることで、物事がクリアになっていきそうです。
11日はラッキーデー。上司や先輩など、目上の人との関係を大切にするのが良さそう。役に立つアドバイスやチャンスを与えられたり、引き立てて貰えるようなこともあるかもしれません。15日は真面目な態度が好印象につながりそう。また、そういった印象のある人と縁がありそうです。16日はありのままの自分を見つめ直すことで、今後の課題が見つかりそうです。

2・大地の星の人
12月の全体運
頂上運の月です。物事が表面化しやすくなっています。また、人から注目されるような機会もあるかもしれません。感情面でのコントロールをはじめ、自己管理能力を高めておくことが必要になりそうです。
幸運を招く方角 動かぬが吉
ご利益フード  油淋鶏

今週の運勢(12/11~12/17)
内に秘めた情熱のようなものがふつふつと湧き上がったり、高まっていくタイミングです。しかし、今はそういった「熱い」気持ちや感情に対して、少しブレーキをかけるのが良さそう。大事な決断や重要な契約などは、ひとりで対応するのではなく、周りに助けや協力、アドバイスを求めながら進めましょう。他の人の考えや意見を取り入れることで、冷静に判断が出来たり、より良い解決策が見つかりそうです。
12日はラッキーデー。あなたの考えを理解してくれる人や、支持してくれる人、バックアップしてくれる人があらわれる可能性も高そうです。13日は人から悩み事を打ち明けられたり、相談事を受けたり、頼りにされるようなことがありそうです。親身になってあげると、あなた自身の運気も上昇しそうです。

3・雷の星の人
12月の全体運
自分自身と真摯に向き合いたい月です。ここで人知れず努力を重ねたり、徳を積むことが必要になります。あなたの「人間力」や「底力」のようなものが問われるタイミングのようです。
幸運を招く方角 北東 南西
ご利益フード  参鶏湯

今週の運勢(12/11~12/17)
地道な努力が必要とされるタイミングです。今は土台となっているものをしっかりさせておく、つまり、ベースを整えるということが、何より重要になるときです。もしも、道に迷うようなことがあったら、思いきって、原点に戻るもの良いかもしれません。また、たとえ苦手なことでも、毎日コツコツ続けていけば、知らず知らずのうちに、身に付くこともありそうです。ある意味、「修行」や「訓練」のような期間なのかもしれませんが、ここでちょっと踏ん張ると後がグッと楽になりそうです。
13日はラッキーデー。勝負運が強くなっています。投資や宝くじなどを買うのもオススメです。また、目上の人と良好な関係を築くことが開運に繋がりそうです。14日は身の回りを整えるなど、遠いところよりも、身近なところに目を配るのが良さそうです。

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。