体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

OnePlus 5Tのフェイスアンロックは認証がとても速く実用的

人の顔でスマートフォンのロックを解除するフェイスアンロック(顔認証)は Galaxy S8 や iPhone X への導入により見直され、今では他社のスマートフォンにも続々と取り入れられるようになりました。その中の一社である OnePlus の最新モデル「OnePlus 5T」を使って実際にどのような動作内容なのかをご紹介したいと思います。フェイスアンロックは今に使わるようになった技術ではありません。Android には 2011 年の ICS で初めて導入されています。ただ当時のフェイスアンロックは、認証精度がとても悪く簡単な偽装で破られることや単純に性能が悪いこともあってあまり使用されていませんでした。それがカメラやプロセッサの高性能化、人工知能などのスマートフォンを取り巻くテクノロジーの発達によって大幅に改善し、改めて導入されるようになってきました。今回の OnePlus 5T でフェイスアンロックは指紋認証と同列の生体認証オプションとしてシステムに組み込まれています。セットアップはとても簡単で、それは事前にユーザーの顔を一度だけ登録すること。セットアップ後はスマートフォンをいつも通り構えて電源ボタンを押すだけです。いたって普通のロック画面が現れ、ユーザーの顔を識別するとロックを解除します。昔のようにロック画面にカメラ映像が出るわけではないので、自分のルックスを心配することなく利用できます。部屋の中など環境光が十分の場合、ロック解除は超高速です。それはロック画面が見えないくらい。電源ボタンを押すと瞬時にホーム画面が表示されう形となり、このスピードには正直驚きました。また、周辺の明るさやメガネあるいは帽子の有無によって認証しないことは特に起きず、さらに口に何かを咥えている状態でも問題ありません。この自由度の高さも驚きの一つでした。OnePlus 5T のフェイスアンロックは、ユーザーの顔に投影された 100 以上の識別子の配置パターンをフロントカメラで読み取る仕組みなので、別人や写真でも認証をパスしてしまう懸念は残りますが、それより指紋認証や虹彩認証よりも利便性が高いのでもうこれを手放せません。後はいかにして偽装を食い止めるかでしょう。

■関連記事
Android版「Pocket」に記事の一節を強調して後から簡単に探せるハイライト機能が追加
Pixel 2 XLパンダカラーのデザインを実機でチェック
Pixel CをAndroid 8.1にアップデートするとファクトリーリセットされてしまう。問題は修正済み

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy