体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

簡単で栄養豊富! 冬に食べたい「ごぼう入り豚たま丼」

簡単で栄養豊富! 冬に食べたい「ごぼう入り豚たま丼」
J-WAVEで放送中の番組「FRUIT MARKET」(ナビゲーター:横山エリカ)のワンコーナー「TODAY’S DISH」。12月は、卵を使った簡単レシピを紹介しています。12月9日(土)のオンエアでは「ごぼう入り豚たま丼」を紹介しました。

<材料>(2人分)
・卵:4個
・豚バラ(しゃぶしゃぶ用肉):120g
・ごぼう:15cm
・玉ネギ:1/2個
・しょうが:1/2片
・白すりごま:大さじ1
・温かいごはん:2人分
・七味唐辛子、三つ葉:各適宜

<合わせ調味料>
・水:200cc
・醤油:大さじ2.5
・みりん:大さじ1.5
・砂糖:各大さじ1
・酒:大さじ1

<作り方>
1:ごぼうはささがきにして水に3分さらす。玉ネギは横3cm幅に切る。しょうがは千切りにする。豚肉は3等分に切る。このタイミングで卵を溶いておく。

2:フライパンによく混ぜた合わせ調味料を入れ、玉ネギ、ごぼう、しょうがを加えて蓋をして中火で20分煮る。野菜に火が通ったら、豚肉、白すりごまを加えてサッと煮る。

3:肉の色が変わったら半量の卵を流し入れる。そのままいじらず1分、中火で加熱する。残り半量の卵を加えて、強火で15秒加熱して火を止めると半熟に。固めの卵が好みの方は強火でさらに加熱すればOK。

4:器にごはんを盛ってフライパンから豚たまを半量ずつヘラですくってのせる。仕上げに三つ葉を散らし、七味唐辛子を振れば完成!

実は、卵にも旬があって、寒い時期の方が美味しいそうです。冬になるとニワトリは体に栄養をためこむため、餌をたくさん食べるようになり、その栄養を外に逃がさないように、卵がお腹の中にある時間が長くなります。その分の栄養がギュッと凝縮され、白身が締まって黄身のコクが強くなるというわけです。

「ごぼう入り豚たま丼」は、冬が旬で食物繊維が豊富な根菜に、ビタミンが豊富な豚肉とアミノ酸が豊富な卵と、栄養バランスの良い一品です。卵は2回に分けて加えるとふんわり半熟に仕上がります。皆さんも、ぜひ作ってみてください。

次回12月16日(土)の放送でも、卵を使ったとっておきのレシピを紹介します。そのほか、ツイッターを使ったプレゼントも実施中! どうぞ、お楽しみに!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「FRUIT MARKET」
放送日時:毎週土曜 15時−17時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/fruitmarket/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。