体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

働く女性「キレイを意識」を調査! 毎日きちんとお手入れできている人はごくわずか

働く女性の約9割が「キレイを意識」するも 毎日きちんとお手入れできている人はごくわずか

美しい肌は日頃のお手入れから生まれる。
わかってはいても、忙しい現代女性にとって毎日欠かさず取り組むのは難しいもの……。

株式会社ファンケルが、株式会社セブン&アイ・ホールディングスと共同開発したスキンケア化粧品ブランド「ボタニカル フォース」の2017年12月4日(月)リニューアル発売に際し、25~39歳の働く女性400名を対象にスキンケアに関するアンケートを実施しました。「キレイを意識したいけど、毎日きちんとお手入れできている人はごくわずか」という忙しい女性たちの実態が明らかになったようです。
※今回の調査結果は四捨五入を行っているため、合計が100とならない場合があります。

毎日のお手入れ調査結果

■働く女性の約9割は忙しくてもキレイでいたい

まず、働く女性は仕事とプライベートの両立で忙しいなか、どの程度“キレイ”を意識しているのでしょうか?

「忙しいときもキレイを意識していますか」と尋ねたところ、約9割の働く女性がキレイを意識していることがわかりました。
やはり女性はいつでもキレイでいたいものですよね。

■毎日のお手入れができていないと感じている人が約3割!その理由は疲れて面倒だから?

続いて「毎日のお手入れ」について聞いてみると、「きちんとできている」と答えた方はわずかに6.8%。そして、「あまりできていない」「できていない」と感じている人が約3割存在することが判明しました。

その理由については、「いろいろなケアが面倒だから」が最多の53.2%。次いで「仕事で疲れているから」が37.8%となりました。
特に既婚の女性は、仕事を終えて帰宅しても家事や育児に追われ、お手入れに時間を割くことができないという実態が見えてきました。


■「美容液・パック」の必要性を感じている人の約5割が実際は使用していない

最後に、「キレイになるために取り組みたいと思っていること」とその実態を聞きました。

「取り組みたいと思っていること」の第1位は「疲れていてもメイクを落として寝ること」。そのうち約8割の人が疲れていてもメイクを落としてから寝ると回答しており、習慣化されていることが分かりました。一方で、“スペシャルケア”である「美容液・パックを使うこと」については、取り組みたいと思いながらも取り組めていない人が約5割となりました。

美容液やパックなどのスペシャルケアは、取り組みたいと思っていてもなかなか取り組めていない人が多いという結果になりました。
忙しい働く女性たちにとって毎日のお手入れ問題は切っても切り離せないものと言えそうです。

【調査概要】
調査対象:25~39歳の働く女性400名
調査期間:2017年11月16日~11月20日
調査方法:インターネット調査

<セブンプレミアム ライフスタイル ボタニカル フォース>
全12品目・240円~1,250円(税抜価格)
リニューアル発売日:2017年12月4日(月)
全国のセブン-イレブン、イトーヨーカドーなどセブン&アイグループで発売します。
※一部お取扱いのない店舗もございます。

12月4日(月)にリニューアル発売した「ボタニカル フォース」は、日常のケアからレスキューニーズまで、忙しく時間のない女性のあらゆるシーンに対応した全12品目をラインナップ。防腐剤、合成香料、着色料を配合しない「無添加処方」に加え、植物の発酵成分を配合し「植物発酵」の力でうるおいの続くツヤ美肌へと導きます。

忙しい女性も効率よく“スペシャルケア”までできるよう、クレンジング・洗顔・オールインワンの3ステップで完結するシンプルケア。オールインワンの「うるおい ジュレミルク」は、化粧水・乳液・美容液・パック・アイケアの1本5役で、顔だけでなく髪・手肌・ボディにも使える優れモノです。さらに、必要なときに手軽に取り入れられる使い切りタイプの「2回の集中ケア 美容液」などのプラスケアアイテムもご用意しています。

▼「セブンプレミアム ライフスタイル ボタニカル フォース」公式ページ
https://7premium.jp/product/pickup/detail?id=72

AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。