体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「デジゲー博2017レポート」個人ゲームクリエイターの評価経済としてのVALU ひさしApp氏インタビュー

image3
 
インディーゲームやスマートフォンでのアプリ製作など、個人でも活躍できる場が隆盛していることで数多くのクリエイターが参入していることは、App StoreやSteamで日々膨大にリリースされるコンテンツ群を眺めればよくわかるだろう。

しかしこれほど多くのクリエイターが市場に参入している現実が見える一方、では実際にどのようにして制作したコンテンツを広め、マネタイズをして生活していくのかといった現状の分析や戦略的な方法は、実はそれほど知られてはいない。

こうした現実について個人クリエイターでありながらも、クリエイターとして活動し続けることに関してを支援や知見を広める活動を行う人物は少なからずいる。たとえば『Back in 1995』で知られる一條貴彰氏はインディーゲームクリエイターだけではなく、各所でどう個人クリエイターが制作を続けていけるかの発言や活動を続けている。もうひとりはアプリ制作者でありつつ、個人クリエイターをとりまく状況について深い分析を行っているひさしApp氏である。Kindleにていかに個人クリエイターが自作で生活していくかの知見を実体験からまとめた書籍を出版し、高い評価を得ている。

今回はデジゲー博2017にて自著を販売していたいたひさしApp氏にインタビューさせていただいた。個人クリエイターがいかに生きていくかという内容を、昨今話題となっているSNSサービスVALUを中心にして紹介する。
image2

ひさしApp氏(画像はVALUより)

スマートフォン向け自作ゲーム開発者。Twitterアカウントの名前に「分析好き」とも記しているように、その分析力と実践力は学生時代から発揮される。ネットとコミケの傾向を分析し、半年で壁サークル化に成功。Flashゲームで出店する。その後、Webゲーム会社、コンソールゲーム会社、ソーシャルゲーム会社を経て独立。それらの実体験からKindleにて『自作ゲーライフ』シリーズなどの電子書籍を出版。

その実践的な内容は高い評価を得て、今年6月にはKindleで出版していた『自作ゲーライフ』に書き下ろしを加えた書籍版『バカ売れアプリ生活』が出版される。今回のデジゲー博では代表作の『自作ゲーライフ』に加え、新作として『Bitcoinライフ』を販売。こちらは個人クリエイターにとってのビットコインや、昨今話題となったVALUについての内容をまとめている。

 
 
―出版された作品を見ると、かなり早い段階で個人クリエイターがどう生き残るかを自覚的に考えて行動している印象があります。

ひさしApp氏(以下、敬称略):
私もその本の執筆など色々やっちゃってるんですけど、最初からそれで生活できるようになったわけではないんですよ。兼業でやりながら、受託をやりながらシフトしていったという経緯をあの本に書いています。

 
―今は専業で生活している?

ひさしApp:
専業でもありつつ、本を書いたりもしています。そこでいろんな出会いがあり、ご縁が広がって一緒にやらせていただいたりとか。まだわからないですけど VALUや仮想通貨っていうのも出てきてるのでその辺も追いつつ、(個人クリエイターとしては)どんなふうに生活スタイルを変えていくのがいいのかなーって言いながら模索している途中です。

 
―個人クリエイターがどうやって生活しているのか?という疑問を言語化している点は興味深かったです。また、昨今で話題となっているVALUなどを個人クリエイターがどう使うのかというのも気になっていまして。

ひさしApp:
VALUに関しては実体験に基づいて、現実的なお話の他にやっぱりSNSなのでコミュニケーションを重視しています。 VALUってビットコインなのでお金に裏打ちされたものが動くんですけども、SNSとしてコミュニケーションする側面があることで心と心って言うか、気持ちの交流があるんですよね。それをないがしろにしてお金で見てしまうとうまくいかない。というよりも、交流することを気にした方が楽しくなるっていう話もしています。

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。