体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

気兼ねなく録画できる2万円台のHDDレコーダー

気兼ねなく録画できる2万円台のHDDレコーダー

気になる番組を録画しているとあっという間に容量不足となるのがHDDレコーダー。家族でHDDレコーダーを共用していると、容量が気になって思う存分、番組録画を予約できないという人も多いでしょう。そこで、家族に気兼ねなく録画できる2万円台のHDDレコーダーの使い方を紹介します。

サブ機として十分なHDDレコーダー

家族に気兼ねなく録画したいなら、エスケイネットのお手軽HDDレコーダー「ロクーガーWHB」が便利。録画した番組は見終わったら消すことを前提にしているので、ディスクへのダビング機能を省略。2万円台という価格を実現しました。

とはいえ、地デジ・BS/110度CSのダブル録画に対応し、1TBの2.5インチHDDを内蔵。自動録画では二重録りを回避したり、録画中の追いかけ再生が可能など、サブ機とするには十分なスペックを備えているのです。

標準で内蔵している1TBの2.5インチHDDは自分で交換できます。ただし、3TB以上は厚みがあるので、本体の収納を考えると2TBまでが現実的。実際に内臓HDDを入れ替える手順は、まず本体の底のフタを外すます。

ガチャポンできるHDDレコーダー

1TBのHDDを抜き取り、交換用の2TBのHDDをセット。本体設定から「HDDフォーマット」を実行します。2TBのHDDに交換してフォーマットすると、地デジの録画時間は120時間から240時間に倍増しました。

このHDDレコーダーの魅力は、本体でHDDをフォーマットして1度認識させておくと、取り外して再び取り付ける時はフォーマットが不要なこと。つまり、録画番組を消さずにHDDを入れ換えられます。ガチャポンが可能なのはオイシイところです。

なお、交換したHDDのフォーマット時にエラーが出る場合は、HDDケースなどでPCにつないでPC上のディスクの管理でフォーマットしてみましょう。HDDレコーダーのサイズは148W×38H×148Dmmで重さは約480g、実勢価格は29,800円です。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
自販機の裏ワザ「デバッグ法」は存在するのか?

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy