体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本の町工場が開発した超高精度ハンドスピナーがMakuakeに登場

日本の町工場が開発した超高精度ハンドスピナーがMakuakeに登場

東京都内の産業機器製造「藤原産業」が、ハンドスピナーを開発した。この藤原産業は、いわゆる「町工場」である。

日本の中小企業が、いよいよハンドスピナーの分野に足を踏み入れたのだ。もちろん、そこに詰め込まれている技術は世界屈指のものである。

極限の精密さを追求したハンドスピナーが、この世界に登場した瞬間でもある。

・ミクロン単位の修正

国内クラウドファンディング「Makuake」で投資を受け付けているのは、「Void Black」と「Void Silver」、そして「Relation」の3種類である。

ハンドスピナーは徐々にそのデザインが複雑化、巧妙化している。だが藤原産業の製品は、敢えてシンプルなデザインに落ち着いているようだ。Voidは何の変哲もない板状である。

そして、そのシンプルさの中には絶妙な工作技術が隠されている。ミクロン単位でガタつきを修正し、左右のウェイトバランスもわずか0.01gの差に収めているという。日本の町工場が本気を出すと、このような超精密加工の逸品が生まれるのだ。

今年大流行したハンドスピナーの世界に、新しい息吹がもたらされようとしている。

いかなる角度から回しても不快なブレが発生せず、最高の回転感覚を得られるという。

・全国から発注相次ぐ

この製品、Makuakeでキャンペーンを出したその瞬間から全国のユーザーに注目されるようになった。

初日にして目標額の86%を集めてしまったのだから、もはやゴールは目の前である。

価格はVoidの投資枠では5940円、Relationは6459円(それぞれ税込)とある。だが、これらはいずれも数量限定であることに注意が必要だ。

Makuake

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。