体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ディズニーファン・菅原小春が語るアニメの魅力

ディズニーファン・菅原小春が語るアニメの魅力
J-WAVEで放送中の番組「TDK SUGAR WATER」(ナビゲーター:菅原小春)。12月8日(金)のオンエアでは、菅原が出演しているMONDO GROSSO「春はトワに目覚める」のミュージックビデオ撮影秘話を語りました。撮影を通して、菅原は「生きてるんだな」と思う瞬間に出会えたそうです。

「まだ星が出ている時に目覚めて、そこから富士に向かって、20時間ほどかけて撮影して、再び深夜3時くらいに星を眺めて家に着きました」と菅原。撮影開始から18時間を過ぎた頃から、体力、気力、感覚がなくなってきたそうです。最後のシーンを撮影していた時には、寒い、暑い、という感覚が全てなくなり、“無”になっていたとか。

「25歳にして、良い時間を過ごせました。自分の表現が突き詰められるんだな…ということを学びました」と、撮影時を振り返りました。

さらに、以前の放送で、菅原が京都で素敵な楽器屋の店主に出会い、タンバリンと指ピアノに惚れ込んだという話があり、そのことに関連したメールを紹介しました。

メールの内容は「最近、小春さんがタンバリンを手にしていると聞いて、『ノートルダムの鐘』のエスメラルダみたいだと思いました。エスメラルダも小春さんも大好きなので、想像しただけでワクワクします」というもの。

菅原は大のディズニーファンで、エスメラルダも大好きだそうです。「ディズニーの作品の良いところはハッピーなところ。でも、宗教や神話などの深いところやエグいところも描いている。あと、女性が強いところも良い」と語りました。

この先、菅原に子どもができたら、菅原の大好きなディズニーアニメとスタジオジブリ作品と「クレヨンしんちゃん」を見せたいとのことでした。

そのほか、菅原の近況として、ラグビーの試合を観戦した時のことを語りました。ラグビーの試合といってもプロの試合という訳ではなく、大学生の集団、40代くらいの集団、シニアの集団に分かれたものだそうで、その様子を見ていて気付いたことがあったそう。

「大学生は体力でぶつかっていく感じ。シニアは体をぶつけていくというより、心でラグビーをしてるという感じで格好良い。40代くらいの人たちは文句が多いの。体でぶつかる前に言葉で戦う(笑)」と語りました。なんだかちょっと見てみたいですね!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「TDK SUGAR WATER」
放送日時:毎週金曜 23時30分−24時
オフィシャルサイト: http://www.j-wave.co.jp/original/sugarwater/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。