体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シートベルト嫌いの子供たちに送るスマホ連動デバイス「Bellton」

車内のシートベルトは、まさに命綱である。子供ならば尚更だ。

だが、中にはシートベルトを嫌がる子もいる。その場合、シートベルトを着けさせてもすぐに外してしまうものだ。どうにかして、子供にシートベルトを着用させる方法はないものか。

それに対してひとつの答えを提示した製品がある。国内クラウドファンディング「Makuake」に登場した「Bellton」だ。

アプリがシートベルト着用を認識

現代の子供は、車中での暇つぶしにスマホやタブレットを使う。

Belltonは、子供のそうした行動に目をつけた製品だ。これはモバイル機器と連動するデバイスで、スマホやタブレットには予めBellton専用アプリをインストールしておく。

デバイスには磁石センサーが搭載され、今現在シートベルトがロックされているか否かを判別する。もしアプリ作動中に子供がシートベルトを外したら、それに応じてモバイル機器の操作ができなくなるのだ。

シートベルトを嫌がったら、スマホでゲームを楽しむことができない。逆にシートベルトを着用すると、Belltonがそれに反応して再びスマホを操作できるというわけだ。

シートベルトを着けない子はゲームができない、というコンセプトのこの製品。だが、頭ごなしの無機質な警告を発するというわけではなく、小さい子に配慮したデザインのキャラクターを前面に押し出していることが特徴だ。

来年中頃の配送予定

先述の通り、Makuakeに出展されたこのBelltonだが、キャンペーン開始早々に目標調達金額の50万円を達成してしまった。期限残り85日でどこまで資金を調達できるのか、大いに期待されている。

現在用意されている投資枠は、限定30名の4500円コースから。来年8月に配送予定としている。

Makuake

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。