体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

家族の思い出を大量保存!パーソナルユースの高速データドライブ「CatDrive」が便利そう

いつでもどこでも、気軽に写真やビデオが撮れる時代。思い立ったら、その場でパチリ。必然、画像はどんどんたまっていく。かと言って、簡単に削除するのは忍びない。楽しい瞬間や思い出は、きちんと保存しておきたいものだ。

そんなとき利用したいのが、この「CatDrive」。どこからでも簡単に、かつ高速でファイルにアクセスできる、大容量のパーソナルデータドライブだ。

・レンタルサーバーより断然お得

「CatDrive」は、自宅のルーターに直接接続し、すべてのデジタルコンテンツを1か所に収容するストレージデバイスだ。容量はなんと、1テラバイト。400万画素の写真を63万枚、720pのテレビプログラムなら9000本、30メガバイトの音楽3万曲、2メガバイトのドキュメント50万個の保存が可能だ。

ワイヤレスで、どこからでもアクセスOK。インターネットの範囲内であれば、その場ですぐデバイスに接続する。ファイルの同期も、手持ちの端末から実行できるし、家族や友人とのシェアも気軽にできる。

専用アプリの“共有サークル”を使ってもいいし、FacebookやInstagramといった代表的なSNSにも、もちろん対応する。コスパも抜群。1度機器を購入すれば、その後の利用料を支払う必要もない。レンタルサーバーより、断然お得というわけだ。

・Indiegogoでプレオーダー受け付け中

設定準備も、実にシンプル。まず、「CatDrive」をイーサネットケーブルでルーターに接続し、電源コンセントにつなぐ。その後は、ストアからアプリをダウンロード。「CatDrive」ユニットを、同じWLANのアプリケーションとバインドすれば完了だ。

現在、Indiegogoで資金調達中の本品。パーソナルクラウドソリューションとして人気を博し、すでに目標の3倍以上の金額を達成している。早期割引価格は119ドル(約1万3000円)から。申し込み締め切りは、12月21日。

CatDrive/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy