体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ザ・ウォンバッツ、ニューアルバムリリース決定&新曲MV解禁

1stアルバム『A Guide to Love, Loss&Desperation』を含む、全3作のアルバムをこれまでに発表してきた、英国の3ピースバンドのザ・ウォンバッツ。デビューアルバムから10年を経て、成熟したザ・ウォンバッツサウンドが詰まった新作アルバム『ビューティフル・ピープル・ウィル・ルイン・ユア・ライフ』を完成させた。2018年2月9日に海外発売、日本盤CDも2月に発売が予定されている。
The Wombats
Photo by Phil Smithies (okmusic UP's)

このアルバムより新曲「レモン・トゥ・ア・ナイフ・ファイト」のミュージックビデオが公開され、楽曲に関してフロントマンのマシュー・“マフ”・マーフィ(Vo/G/Key)は、「『レモン・トゥ・ア・ナイフ・ファイト』は、妻と僕がマルホランド・ドライヴ(訳注:ロサンゼルスの通りの名前)を車で走りながら大喧嘩した後に生まれたんだ。僕はデヴィッド・リンチの作品を山ほど見てきたから、この曲もひとりでに自分の中から生まれ落ちたようなものさ」(訳注:『マルホランド・ドライヴ』はデヴィッド・リンチの作品名でもある。)と語っている。現在iTunes Storeではアルバム『ビューティフル・ピープル・ウィル・ルイン・ユア・ライフ』予約注文の受付が開始され、予約すると先行トラック「レモン・トゥ・ア・ナイフ・ファイト」、「ターン」がダウンロードできるようになっている。

バンドの持ち味でもあるギターポップサウンドにシンセポップ色を増し、全英アルバム・チャート5位を獲得した前作アルバム『Glitterbug』から約3年振りとなる新作は、現在マシュー・“マフ”・マーフィがロサンゼルスに、ドラマーのダン・ハギス(Ds)はロンドン、トード・オーヴァーランド・クヌーゼン(B)はオスロと異なる3カ国に居住していることから、遠距離作曲セッションを行い、その後2週間に渡ってオスロでの対面セッションにて補完され、マーク・クルー(バスティル他)、キャサリン・マークス(ウルフ・アリス)をプロデューサーに迎え制作された。「今までより自信に満ちたアルバムを作りたかったんだ。今までよりちょっとレイド・バックな感じで、聴くたびに顔面にパンチを喰らったりしないようなものをね」マーフはそう説明する。「(異なる国に住んで普段は遠距離だけど)あらゆる意味で、音楽的にも人間関係的にも、僕たちの距離はぐっと縮まったんだ」。

バンドは2018年1月から全米ツアーをスタート。3月~4月にかけて、ヨ-ロッパ、英国ツアーを行う。英国ツアーは15公演中、すでに12公演が完売。また、6月から7月にかけてはウィーザーとピクシーズとのUSツアーを行う。

■アルバム『ビューティフル・ピープル・ウィル・ルイン・ユア・ライフ』iTunes予約ページ

https://itunes.apple.com/jp/album/id1317668911?at=10lpgB&ct=4547366341638_al&app=itunes
「Lemon to a Knife Fight」 MV

https://youtu.be/nNh51G84WZYアルバム『ビューティフル・ピープル・ウィル・ルイン・ユア・ライフ』
海外発売日:2018年2月9日(日本盤は2月発売予定)

<収録曲>

01.Cheetah Tongue

02.Lemon to a Knife Fight

03.Turn

04.Black Flamingo

05.White Eyes

06.Lethal Combination

07.Out Of My Head

08.I Only Wear Black

09.Ice Cream

10.Dip You In Honey

11.I Don’t Know Why I Like You But I Do
 (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy