体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Google、Android 8.1 Oreoに公共フリーWi-Fiの速度をラベルで表示する機能を追加

スマートフォンで公共のフリー Wi-Fi に接続してもとても遅くて使い物にならず利用を諦めることがよくありますが、Android 8.1 Oreo にこのような不便さを解消するための Wi-Fi スポットの速度を「速い」や「遅い」で表示する新機能が追加されました。Wi-Fi 画面の速度表示は「遅い」「OK」「速い」「非常に速い」と 4 段階で表示されます。順に速くなっていく仕組みです。これらの表示が表すのは次の通りです。

遅い: 電話をかけたり、テキスト メッセージを送信したりできます。OK: ウェブページを閲覧したり、ソーシャル メディアを使用したり、音楽をストリーミングしたりできます。速い: ほとんどの動画をストリーミングできます。非常に速い: 非常に高画質な動画をストリーミングできます。

試しに近くのコンビニへ赴き、実際に速度が表示されるのかどうか Pixel 2 で確認してみました。ずらずらと公共のフリー Wi-Fi は表示されるものの、どの SSID にも速度ラベルは表示されませんでした。現在、速度の表示は特定の Wi-Fi スポットに限られているようです。Source : Google

■関連記事
Android Wear 2.0の動きがとても遅い場合は「OK, Googleの検出」を無効化すると解消するかも
Google Home Miniのタッチコントロール機能がサイドのタッチセンサーで復活
Google、Nexus / PixelにAndroid 8.1 Oreoアップデートを配信開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。