体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Google Home Miniのタッチコントロール機能がサイドのタッチセンサーで復活

Google Home Mini で削除状態だったタッチコントロール機能が一部が最新のプレビューファームウェアで復活しました。Google Home Mini には LED ライトの部分と本体の両サイドにタッチセンサーが備わっており、上部のタッチセンサーは不具合によって完全に機能を失っていますが、生きている両サイドのタッチセンサーが一部のタッチ機能を引き継いだのです。OK, Google でしか音声コマンドを実行できないことは以前と変わりませんが、最新のプレビューファームウェア v1.29 では、サイドのタッチセンサーを長タップすることで、音楽の一時停止や再開、着信への応答や終話、アラームの停止を操作できます。これまでサイドのタッチセンサーは長タップしてもボリュームの上げ下げしか行なえませんでした。現在 v1.29 のファームウェアはプレビュープログラムの中で配信されており、後日正式にリリースされます。

■関連記事
Android Wear 2.0の動きがとても遅い場合は「OK, Googleの検出」を無効化すると解消するかも
Google、Android 8.1 Oreoに公共フリーWi-Fiの速度をラベルで表示する機能を追加
Google、Nexus / PixelにAndroid 8.1 Oreoアップデートを配信開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。