体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ついにJeep Wranglerにもプラグインハイブリッドモデル! 2020年にも投入へ

低燃費とは無縁のような存在に思われるJeepの Wranglerラインナップについにプラグインハイブリッド(PHV)が加わる。

2020年にも投入されることが、米国ロサンゼルスで1日に始まったオートショーで発表された。

・Pacifica参考に

「ジープといえば、Jeep Wrangler」と認識されているクライスラーの代表クロスカントリーカー。ガソリンをがんがん使いながらオフロードを走るというイメージが強いが、「燃費向上」「ハイブリッド」といったテクノロジーの波が押し寄せたようだ。

詳細は明らかにされていないが、同社のハイブリッド・ミニバン「Pacifica」を参考にしている模様。

・平日と週末で使い分け

ちなみに、Pacificaの燃費は1ガロン(約4.5リットル)あたり32マイル(約51キロメートル)となっている。

普段は、電気自動車として環境に配慮しつつエコ走行し、週末はオフロードを走る。目的別に使い分けることができ、ドライブの楽しみ方・利便性を広げてくれるモデルになりそうだ。

Los Angeles Auto Show

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy