体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

なぜ夏にやらない?わざわざ冬に「餅つき」をする理由って

 

「夏のスイカ割り」と対極にある行事といえば「冬の餅つき」だろう。寒い日にペッタンペッタン餅をつく姿はもはや恒例行事だが、ふと疑問が……。「ん、わざわざ冬に餅つきをする意味ってなんだ?」。夏じゃダメなのかだろう。冬に絶対やらなきゃいけないのだろうか。

 

以前、『二位じゃダメなのか』と詰め寄った議員がいたが、このままでは自分もまったく同じ状況になってしまう。いい大人が理由を知らないのも恥ずかしいので、さっそくその理由を調べてみた。

 

餅つきは「ハレの日」が大きく関係していた

 

なぜ餅つきを冬にするのか――。

「餅つき 冬 理由」。さっそくググってみると、いくつか関連サイトがヒットした。さすがグーグル先生、調べ物には心強い味方だ。いくつかサイトをのぞいてみて、わかったことといえば、どうやら餅つきには「ハレの日」が関係しているということだ。

 

「ハレ」とは簡単に言えば、おめでたい日を指す言葉。出産や入学、卒業といったお祝い事、特別な日を指し、現代でも「晴れ着」「晴れ姿」などの言葉として残っている。そして、そうした特別な日に振る舞われたのが「餅」というワケだ。ひな祭りの「菱餅」、端午の節句の「柏餅」はその典型で、この「ハレの日」に冬に餅つきをする理由があった。

 

神のご加護ある食べ物、それが「餅」

 

「八百万の神」という言葉を聞いたことがある人は多いだろう。日本にはすべての自然に神様が宿っているという考え方だが、つまりは、主食とする稲(お米)にも神様が宿っていて、「稲魂(いなだま)」「穀霊(こくれい)」という言葉があるように、お米は神聖なものとして考えられてきた。

 

そして、冬になり、年末が近づくと、年明けには、新年を司る歳神様がやってきて、新年の魂を授けてくれるという考え方があった。そこで歳神様にお供えするものとして、神聖なお米(もち米)をついた「餅」が登場したのだ。つまり、冬に餅つきをするのは、「ハレの日」である歳神様がやってくる日にお餅をお供えするため、というのがその理由なのだ。

 

鏡餅は魂を形にしたもの

では、なぜ餅を丸くするのだろうか? 四角だっていいじゃん、という声も聞こえてきそうなので、触れておこう。餅を丸くするのは鏡に見立てているから。というのも、昔から鏡は神様の象徴で、神聖なお餅を丸くすることで神様に模していた。そして歳神様の力が込められたそのお餅を、みんなでお正月に食べることで無病息災を祈願していたのだ。

 

鏡餅に関する雑学を知っているか?

DIME(ダイム) 2017-11-16 発売号
Fujisan.co.jpより

 

ざっといえば、ここまでが冬に餅つきをする大きな理由だ。つまり、夏に餅つきをしてもいいし、仮に夏神様なる神様がいたとしたら、真夏の炎天下にも餅つきをして、お餅をお供えしていた可能性もあるということだ。

 

ちなみに大人であれば知っておいたほうがいい雑学もあるので、いくつか紹介しておきたい。たとえば、以下のようなネタだ。

 

鏡餅を等分するときの表現は?

→「鏡開き」であって「鏡割り」ではない。「割る」という表現が縁起が悪い

→神様の魂が宿っているので刃物は使わず、木槌で割るのが正しい

 

鏡餅はなぜ大小の餅を重ねるか。

→陽の太陽と陰の月を模していて、円満に歳を重ねるという語呂の意味がある

 

鏡餅にみかんが乗せる理由は?

→みかんの色が橙色なので、「子孫が子孫代々」栄えるようにという語呂がある

 

餅つきで使う、臼と杵は女性と男性を表し、子孫繁栄を表している

 

餅つきをするのが最適な日とは?

→12月28日(12月29日は二重に苦しむとされ、「苦」を連想させる、12月26日は「ろくなことがない」とされる、12月31日は一夜飾りとされ、慌てて準備するのは神様に失礼とされている

 

こうして上記を振り返るだけでも、日本人がいかに縁起のいい日を気にするか、げんを担ぐかが読み取れる。

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。