体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

赤ちゃんの予想外の入院。シングル家庭の我が家は保険に入っていて大助かり!

f:id:akasuguope01:20170826203701j:plain

私は今、第2子妊娠7ヶ月です。

まだ気が早いのかもしれませんが、第2 子が生まれたら赤ちゃんのうちから保険に入ろうと今から考えています。

考え始めたきっかけは第1子の病気入院です。

現在1歳11ヶ月になる息子は生後6ヶ月の頃、先天的な病気を持っていることがわかり、何度か入院治療を経験しました。

乳幼児の入院に付き添いは欠かせません。

私も息子と一緒に病室に寝泊まりするのです。私はその時シングルマザーでしたので、息子の入院には私がずっと付き添いをしていました。

息子の入院中は、子の看護休暇や有給休暇を使って付き添いをしていましたが、もちろんこれらの休暇が無限にあるわけではありません。

1年のうちに何度も入院しているうちに休暇はどんどんなくなっていきます。

そうなると当然入院の付き添いのために仕事を休んだ分はお給料が減り、職場での立場も危うくなっていきます。

「これからどうなっていくのかな…」と、子どもの病状に対する不安だけではなく、これからの生活のことや仕事のことも気にかかってしまいました。

実は息子の入院中、入院費の心配はあまりしなくても済みました。

それというのも、息子は生命保険に加入していて、医療保障に重点を置いて保険を設計してもらっていたのです。

息子が生後3ヶ月の頃、私自身の保険更新の時にたまたま息子も加入していたのです。「赤ちゃんのうちなら保険料も安いし、積み立てもできて一石二鳥!」と思って軽い気持ちで加入した保険がとても役に立ちました。 関連記事:産まれてくる赤ちゃんと保険の見直し

保険に加入した当初は子どもが病気で入院するなんて全く考えていませんでしたが、結果的には入っておいて良かったです。

子どもの医療費助成が充実していない地域に住んでいた私は、高額療養費制度とこの保険のおかげで入院費の大半はカバーすることができました。

万が一のための保険とはよく聞きますが、本当にその通りだと思います。

子どもの病気や入院はただでさえ心配なものです。掛け金の負担はいくらかありますが、保険加入で経済的な心配が少しでも減るのなら、私は相応の価値があるように思います。 関連記事:妊娠中に保険に加入。予想外の帝王切開になり、大助かり!!!

第1子の病気入院の時に助けられた保険。

これから生まれてくる第2子のために、第1子と同じように加入したいなと考えています。

f:id:akasuguope01:20170826192619j:plain

著者:orihime

年齢:33歳

子どもの年齢:1歳11ヶ月、妊娠7ヶ月

妊娠7ヶ月の主婦です。ステップファミリーとしてしばらく過ごした後、不妊治療を経て第二子を授かることができました。大変なこともたくさんありますが、妊婦期間は今だけだと思って楽しみながら過ごすように心がけています。妊娠・出産・育児を経験してみて、子どもと一緒に私も成長させてもらっているような気がしています!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

子供の貯金
出産を機に入った保険のことと、その後の家計のやりくりが大変になった話
学資保険

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。