体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

テレビに接続できない「nasne」の視聴環境は?

テレビに接続できない「nasne」の視聴環境は?

2万円台で購入できるソニーのネットワークストレージ「nasne」。豊富なネットワーク機能とバツグンの操作性により高い評価を得ています。ただし、nasneは本体に映像出力を備えておらず、テレビにつないでそのまま視聴することはできません。nasneの視聴環境について見ていきましょう。

nasneはさまざまな視聴環境を用意

nasneは映像出力がない代わりに、PCやスマホなどさまざまな視聴環境が用意されているのが特徴。例えば、同じソニーのPS3/PS4やBRAVIA。スマホにも複数の対応アプリがあります。

まずnasneの視聴環境にはソニーの家庭用ゲーム機「PS3/PS4」があります。専用ソフト「torne」を使うと、CMカットや早見できたりと非常に優秀なレコーダーになるのも魅力です。

nasneはPCからも視聴可能。PC用視聴ツール「PCTV Plus」を使用します。以前はVAIOでしか使えませんでしたが、現在はどのPCでも使えるようになりました。BDドライブがあれば、書き出しも可能です。

ソニーのテレビ「BRAVIA」でネットワークに繋がるモデルなら、テレビからnasneを操作できます。なお、DLNA対応であれば他社製のテレビでも視聴は可能です。

nasneに対応するアプリは複数ある

nasneの魅力は携帯端末から視聴できること。スマートフォン用にはnasneに対応するアプリが複数あります。視聴のみであれば大差はありませんが、それぞれに機能が若干異なるので紹介しておきましょう。なお、価格はすべて無料です。

「torne mobile」はPS3/PS4用の視聴ツール「torne」のスマホ版。PS3/PS4版に限りなく近く、外出先での視聴や予約録画が可能です。

「Video & TV SideView」はXPERIAなどにプリインストールされているアプリ。外出先での視聴にも対応し、機能はtorne mobileとほぼ同じです。

「nasne ACCESS」は機能を最低限に絞ったAndroidアプリ。外出先での視聴はできませんが、予約録画は可能。UIも非常にシンプルです。

そして、nasneはソニーの携帯型ゲーム機「PS Vita」でも視聴可能。PS Vita用のtorneが用意されており、そこからnasneをコントロールできます。外出先からネットワークに接続して自宅のnasneを視聴したり、予約録画したりできるのです。(文/pusai)

関連記事リンク(外部サイト)

テレビの裏ワザ満載「カラバコ」を知っている?
Amazon Fire TVの機能を強制的に拡張する方法
ニコニコ動画をアカウントなしで視聴する方法
KODIをAmazon Fire TVにインストールする方法
VRとは360度フレームをなくして脳を騙す映像

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。