体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「片付けが苦手」なあなたの心が、スッと軽くなる記事。

「片付けが苦手」なあなたの心が、スッと軽くなる記事。

今年も残すところ約3週間。身の回りの整理をして来る年に備えたいところです。

ここに紹介するのは、片付けが苦手な人のための指南書。ミニマリズムを推奨する「Becoming Minimalist」より、Joshua Beckerが注目する「最低限ここだけは!」のポイントです。

しかも、たった5分間で、少しずつ部屋をキレイにしちゃおう、というもの。あとは、キッカケひとつですよ。「片付けが苦手」なあなたの心が、スッと軽くなる記事。

住みたい家を想像したとき、散らかった部屋を想像する人はいませんよね。だって快適な暮らしには、心が落ち着き、平和、そして自由をもたらしてくれるスッキリしたスペースが必要だから。

でもこの“スッキリとしたスペース”って、なかなか手に入れ難いもの。気づいたらものが増えていたり、しばらく片付けていないとさらに散らかっていくばかりで…。断捨離するにも、手をつけるのが億劫になるのも無理はありません。

かといって、週末の間に一気に整理するのは忙しい人にとって現実的な手段とは言えない。ならば毎日ちょっとづつ片づけを生活に取り入れていくことで、キレイな家を手に入れてみてはどうでしょう?

01.
ダッシュボード、ドアポケット
車の中を片付ける 

「片付けが苦手」なあなたの心が、スッと軽くなる記事。

車の中はいらないものの宝庫。古いCD、サングラス、ハッピーセットのおもちゃ、レシート、小銭、空っぽのペットボトル、紙くず…。

これらを片付けるためにゴミ袋をふたつ用意しましょう。ひとつはゴミ用。もうひとつは別の場所に移す用の袋。必要ないものは、該当する袋に詰めていきましょう。いらないものがどれだけ車内に転がっているか、きっとビックリするはずです。

02.
寝室はチェストの上から

寝室はゆっくりリラックスできる場所であると同時に、親密な時間を過ごす場所でもあります。物がそこら中に散らかっていては、体が必要としている休息もとれるはずがありません。

集中して片付けに取り組んでみてください。5分もあればチェストの上は片付くはずです。すると、寝室のムードもガラリと変わるでしょう。

03.
薬のまとめおき

「片付けが苦手」なあなたの心が、スッと軽くなる記事。

薬をまとめておいている棚や引き出しを覗いてみてください。きっと中には空っぽの容器や使用期限が過ぎているもの、それからもう長いこと使っていないもので埋め尽くされているのでは?

数分かけて要らないものを取捨選択し、棚に必要なものだけを残す。そうしていらないと判断したものは、賢く処分しましょう。

04.
元あった場所に戻す

子供がいる家庭なら、あたり一面おもちゃが散漫している光景なんていつものこと。でも、ここにだって手をつけていかなければ。

対処法としては、子供が寝る前に元あった場所に戻させる時間を設けること。数分でも。それも難しいのなら、おもちゃの数を減らすことだってひとつの手。でも、まずは子供たちに「使い終わったものを元あるところに戻す大切さ」を教えるところから始めましょう。子供のためにもなるわけですから。

05.
半年出番のない食器は処分!

「片付けが苦手」なあなたの心が、スッと軽くなる記事。
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy