体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「もうスマホ、要らないじゃん…。」と思わされたスマートグラス

「もうスマホ、要らないじゃん…。」と思わされたスマートグラス

テクノロジーの急速な革新によって、新たな可能性を切り拓いているAR(拡張現実)。「MAD Gaze」もまた、同じ技術を利用して生まれたスマートグラスです。

特徴を知れば知るほど、スマホにとってかわり、これが重要なコミュニケーションツールになる日が来ると思ってしまいます。

可能性が無限大な
「スマートグラス」

「もうスマホ、要らないじゃん…。」と思わされたスマートグラス

このサングラス型のガジェットをかければ、ありとあらゆることができるようになるそうです。例えば、電話の応答やメールの送受信、ネットサーフィンなど。

AR技術を利用しつつ、手の動きに連動して操作できるようにデザインされているから、直感的に操作を行うことが可能なんだとか。「もうスマホ、要らないじゃん…。」と思わされたスマートグラス「もうスマホ、要らないじゃん…。」と思わされたスマートグラス

他にも、映画を見たり、ゲームをしたりすることも。なぜ、ここまでのことができるのかというと、“Androidのプラットフォーム”に対応しているから。

つまり、Google Playなどからダウンロードしたアプリが使えるということ。言い換えれば、可能性は無限大なんです。

アプリさえ開発されてしまえば、海外ドラマを見ている時に「MAD Gaze」をかけたら、字幕を表示してくれることもありうる。さらに、ドライブをしている時には、ルートを教えてくれることだって。

映画で見ていたような世界が、ついに現実になるようです。あ、もちろん“音声操作”もOK。数年後には、スマホなんて時代遅れになってしまうのかもしれませんね。Licensed material used with permission by MAD Gaze

関連記事リンク(外部サイト)

今さら聞けない!話題の「AR・VR」ってどういう意味?
音楽、通話、ライフログ。毎日身につけたい「スマートメガネ」
こんな「スマートグラス」ならアリかも。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。