体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Google Playストアの検索フィルターに有料 / 無料、評価も表示、絞り込みが簡単に

最近、Google Play ストアでアプリを検索すると表示されるボタン型のフィルターに、「無料」や「プレミアム」、「高評価」といった新しいタイプのフィルターメニューが表示されるようになりました。Google Play ストアでは、「カメラ」や「ゲーム」などのごく一般的なフレーズで検索を行うと、関連するキーワードが緑のボタンとして表示されます。これらのフィルターには、これまでは検索キーワードに関連するサブジャンルしか表示されませんでしたが、最近では価格や評価に関するフィルターも表示されるようになり、例えば「VR」+「無料」で無料の VR アプリだけが絞り込むことができます。これらのフィルターは検索キーワードによって変化するため、どのキーワードでどのようなフィルターが表示されるのかは実際に検索しないと分かりません。

■関連記事
「OnePlus 5T」のデザインをチェック
LineageOSではKRACKバグの修正は完了、Android 8.1ベースのLineageOS 15.1の開発に着手
NTTドコモ、V30+とJOJOモデルの予約受付を12月20日に開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。