体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【悲報】野村克也氏の妻・野村沙知代が死去 / 日本全国から悲しみの声「サッチーお願いだから生き返って!!!!」

sachiyo-nomura1

元プロ野球監督として活躍した野村克也氏の妻であり、女の鏡として知られている野村沙知代さん(82歳)が亡くなった。

・歯に衣着せぬコメント
サッチーの愛称で知られる彼女は、そのキュートな微笑と抜群のプロポーションで野村克也氏のハートを射抜き、その後はテレビや雑誌などで歯に衣着せぬコメントをし、人気を博していた。

・多くの日本国民が涙
彼女の詩に日本国民が悲しんでおり、インターネット上では「サッチーこと野村沙知代亡くなったの…?」「野村沙知代さん亡くなる。うええええええ!サッチー」「野村沙知代さんとはホテルニューオータニのエレベーターで一緒になったことがあります」などの声が上がっている。

野村沙知代さん、元彼の職場の高級ホテルの常連で従業員の女の子がミスしてお客の男性が女の子にキレまくってる時にたまたま近くに居たサッチーが間に入って女の子を庇ったって言ってたの思い出した。

— コリ巻き (@corimaki28) 2017年12月8日

・ミッチーサッチー騒動
ひとりの野村沙知代ファンは、「サッチーお願いだから生き返って!!!!」と涙ながらに話していた。

また、野村沙知代は浅香光代(ミッチー)と確執があり、お互いが批判をしまくるという争いがあった。その騒動は「ミッチー・サッチー騒動」としても有名で、世が世なら歴史の教科書に載ってもおかしくないほどの争いだったと言い伝えられている。

・非常に悲しい気持ち
もう二度とサッチーの可愛らしくも凛とした艶やかな姿を観ることができないと思うと、非常に悲しい気持ちとなる。天国でも、その毒舌っぷりで日本を良い方向へと導いてほしいものだ。

もっと詳しく読む: 野村克也氏の妻・野村沙知代が死去 / 日本全国から悲しみの声(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2017/12/08/sachiyo-nomura/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy