体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フォーマルでもカジュアルでもOK!マジェステを使ったゆるローポニーヘアアレンジ

こなれ感UP! マジェステを使った簡単ヘアアレンジ

今トレンドになっているヘアアクセ「マジェステ」を知っていますか?
マジェステとは、スティックを挿して留めるタイプのヘアアクセのことで、「かんざし」と「バレッタ」を合わせたようなデザインになっています。
スティックの部分が矢のモチーフになっているものは、「アローヘアスティック」とも呼ばれています。

シンプルだけど存在感のある大ぶりなデザインが、大人っぽい落ち着いた女性らしさを演出。
今回は、マジェステにピッタリなラフかわいいアレンジをご紹介します。

“こなれ”のヒミツは、サイドに垂らした「おくれ毛」

① コテを使って、髪全体をランダムに巻きます。
パーマをかけている人は、巻かずにそのままでOK!
ちなみに、モデルさんはパーマがかかっているので、コテでは巻いていません。

② サイドを残して、後ろの上3分の2を1つに結びます。
ところどころ毛束を引っ張って出し、ラフにゆるめます。

③ 後ろの下3分の1部分もまとめて一緒に結びます。
くるりんぱして、毛先を左右にギュッと締めます。

④ サイドの残していた毛束を後ろに向かってロープ編みにします。
両サイドとも編み終わったら、真ん中で1つに結びます。

⑤ サイドを全てまとめてしまわず、おくれ毛として、少し出すのがポイントです☆
このひと手間でラフさがグーンとアップします。

⑥ 最後に、結び目にヘアアクセとしてマジェステを付けたら完成です。

ヘアアクセを変えるだけで、印象も変化! いろいろ試してみて☆

普段使いもでき、かしこまったシーンでも使える万能アレンジです。
マジェステの使い方が分からない人も、ぜひ参考にしてみてください。
今回は「べっ甲柄」を使っていますが、マジェステにも「メタリックゴールド」や「フェイクレザー」など様々な種類が出てきています。
使うヘアアクセサリー1つ変えるだけで雰囲気もチェンジできるので、試してみてください*☆

美容師/加来えりな(BEER 西新店)

AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。