体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

やたら「無茶振り」される、デザイナーのぶっちゃけ話をイラストで。

やたら「無茶振り」される、デザイナーのぶっちゃけ話をイラストで。

ライターになる前、私はグラフィックデザイナーだった。よく華やかなイメージを持たれるのだけど、正直なところ地味だし、かなり根気のいる仕事。勤めている会社によるところもあるのかもしれないけれど、なぜか何でもやってくれる“便利屋”として思われがちだったのが、当時の悩みだったのをよく覚えている。

だから、Cauliflower Timeが描いた「デザイナーあるある」に深く頷いてしまった。特別視されやすい、彼らのちょっとした悩みや日常は、客観的に見ると笑っちゃうものかもしれない。

01.
“デザイナーっぽい”と、
思わせるに簡単な方法

やたら「無茶振り」される、デザイナーのぶっちゃけ話をイラストで。

服装から、デザイナーっぽい雰囲気を出す方法。

02.
暴走するアイディア

やたら「無茶振り」される、デザイナーのぶっちゃけ話をイラストで。

上司:「若いデザイナーの意見はとっても新鮮。それに、頭の中は新しいアイディアでいっぱいだから、どんどん聞きたい」

 

「でも、創造的すぎたり、野心的すぎたり…。お願いだから、心臓に悪いことは言わないでほしいな」

03.
なぜか、自然光がない職場

やたら「無茶振り」される、デザイナーのぶっちゃけ話をイラストで。

「刑務所にさえ窓があるのに、私のオフィスには窓がない」

04.
だいたい、
無難なところに落ち着く

やたら「無茶振り」される、デザイナーのぶっちゃけ話をイラストで。

【デザイナーの提案】

その1 素晴らしく良いアイディア

その2 賢くてクールなアイディア

その3 とてつもなくクズなアイディア

 

クライアント:「私たちが選ぶのは、ブランド名が売れそうな『その3』のアイディアです」

デザイナー:「どんなにアイディアを出しても、毎回必ずこうなるんだよね…」

05.
“プレ金”なんて、永遠にない

やたら「無茶振り」される、デザイナーのぶっちゃけ話をイラストで。

【金曜日の午後5時47分】

 

上司:「13分早く帰ろうとしているけど、もう仕事はすべて終わっているよね?」

06.
絶対に終わらない仕事量

やたら「無茶振り」される、デザイナーのぶっちゃけ話をイラストで。

すべて今日中に終わらせなければいけない!!

 

上司:「どのプロジェクトも重要だし、急ぎのものだ。どれも期日を延ばすことなんてできないんだぞ」

07.
上から目線で、
仕事を無茶振りされる

やたら「無茶振り」される、デザイナーのぶっちゃけ話をイラストで。

クライアント:「SNSを運用する予算が足りないんだけど、無報酬でやってくれないか?」

 

「どうせ、君ら若い人たちにとっては、やり慣れていることだろ?」

08.
まだ、やるって言ってない

やたら「無茶振り」される、デザイナーのぶっちゃけ話をイラストで。

クライアント:「僕の妻のビジネス用にロゴデザインを制作してくれないか?」

 

「すでに妻にはいくつかのアイディアがあるらしいんだ。彼女にPinterest(写真共有サービス)に送るように言っておくからさ」

Licensed material used with permission by Cauliflower Time

関連記事リンク(外部サイト)

デザイナーにしかわからない「15のコト」
「飛行機あるある」を描いたイラスト 思わず共感っ!
コーラを愛するデザイナーが「飲み過ぎないため」に作ったロゴ

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。