体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

超と熟、どっちを選ぶ?2017年冬のグラコロは2種類!発表会で試食してみた

超と熟、どっちを選ぶ?2017年冬のグラコロは2種類!発表会で試食してみた

 マクドナルド冬の名物メニュー「グラコロ」。今年もその季節がやってきました。どんな感じに仕上がってるかな……と思っていたら、今年(2017年冬)は2種類登場するということで発表会で味見してきました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 さて、2017年のグラコロは、2016年にリニューアルした「超グラコロ」と、ビーフシチューソースをまとった「熟グラコロ ビーフシチュー」の2種類というラインナップ。都内で行われた発表会には、CMキャラクターの高田純次さんが登場して、日本マクドナルドのマーケティング本部坂下統括マネージャーとトークを繰り広げました。

 高田さんの軽妙なトークに、発表会は笑いの絶えないものに。いつもはゲストを笑わせる役回りのドナルドも圧倒され、一緒に笑ってしまっていました。

 続いて、若菜メニューマネジメント部上席部長のプレゼンテーションのもと、高田さんが超グラコロと熟グラコロ ビーフシチュー、2種類のグラコロを食べ比べ。


 一口だけかな、と思ったら、若菜さんの商品説明に耳を傾けながらパクパクと食べ進める高田さん。どちらもほぼ完食でした。食べ比べの結果は、CM同様甲乙つけがたいとのこと。



 というわけで記者陣も試食です。「超グラコロ」は、グラタンコロッケの下にあるまろやかなたまごソースと、上にかかったスパイシーなコロッケソースが、食べた時に絶妙に混ざり合い、えもいわれぬハーモニー。注文のたびにスチームされるバンズがふわふわで、コロッケのサクサクの食感といいコントラストとなっています。

 「熟グラコロ ビーフシチュー」の方はといいますと、濃厚なビーフシチューソースの存在感が個人的には好みでした。赤ワインとバターの香るドミグラスソースの中に、ダイスカットされたビーフも入っており、この食感も楽しめます。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。