体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

綿矢りさの同名小説を映画化! 妄想爆発の24歳OLが選んだ恋とは?

1712082

『蹴りたい背中』で第130回芥川賞を受賞した綿矢りさの同名小説を映画化した『勝手にふるえてろ』が公開。

同級生の“イチ”へ、10年間片思いを続けている24歳のOL・ヨシカ。しかしある日、会社の同期である“ニ”に告白される。人生初の告白にテンションが上がるヨシカだったが、まったくタイプではないニへの態度は冷たく、いまいちニとの関係に乗り切れない。そして、ある出来事をきっかけに「今のイチに会いたい」と思い立ち、同窓会を計画。ついに再会の日が訪れるのだが――。

ひねくれていて、自分勝手で、夢見がち……強烈な個性のヒロインを松岡茉優が好演。“脳内片思い”と“リアル恋愛”、恋愛に不器用なヨシカの恋の行方とは?

勝手にふるえてろ
監督・脚本:大九明子
出演:松岡茉優、渡辺大知(黒猫チェルシー)、石橋杏奈、北村匠海(DISH//)ほか
(2017年/日本)
12月23日(土・祝)新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー
©2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会
http://furuetero-movie.com/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。