体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

不倫、裏切り、親の死……フランス不朽の名作『女の一生』が再び映画化

1712081

世界中で何度も映像化されてきたフランスの文豪・モーバッサンの名作を、再び映画化した『女の一生』が公開。

修道院の寄宿学校から家に戻った男爵家の一人娘・ジャンヌ。親の勧める子爵・ジュリアンと結婚し、希望に胸躍らせ人生を歩みだしたかに見えたジャンヌだったが、ある日、夫の不貞を知る。さらに、母親の死、溺愛した息子の裏切りなど、ジャンヌの人生に様々な困難が降りかかる――。

繊細に切り取られた四季折々のフランス・ノルマンディーの風景美とは対照的に、色濃く描かれる生々しい人間ドラマ。公開は、12月9日より。

女の一生
監督・脚本:ステファヌ・ブリゼ
出演:ジュディット・シュムラ、ジャン=ピエール・ダルッサン、ヨランド・モロー、スワン・アルロー、ニナ・ミュリス
(2016年/フランス)
12月9日(土)岩波ホールほか全国順次ロードショー
©TS PRODUCTIONS (PHOTO MICHAËL CROTTO) –AFFICHE NUITDECHINE
http://www.womanslife.jp/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。