体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ペットドアを完全自動化! Windows 10のIoTコアで動物の顔認識が可能に

もはや語る必要もないほど、世間に浸透したIoT。かのマイクロソフトでは、Windows 10に、IoT Coreという小型ボードコンピューター向けのOSを搭載している。

組み込みのネットワーク接続を利用したデバイスや、アプライアンスで構成された“Internet of Things”に取り組むよう設計されており、Raspberry Pi などにインストールすることで、日々の生活の自動化が可能になる。

・わずか数秒でペットの顔を認識

同社ではこのたび、そのIoT Coreを使った、家庭用のペット認識ドアプロジェクトをリリース。複数のセンサーとモーターを使うことで、ペットのドアを完全に自動化。顔認識によって、動物の通過制限ができるようになるという。

仕組みは、こうだ。ペットがドアまで歩くと、モーションセンサーが起動し、搭載されているウェブカメラがその姿を捉える。そこから、動物の顔を数フレームキャプチャし、OpenCVクラシファイアを使用して画像を処理。動物が家に入るのを許可するか、拒絶するかを判断する。認識処理にかかる時間は、わずか数秒。ペットを混乱させない、シームレスなアプローチが特長だ。

・hackster.ioに作成ガイドあり

マイクロソフトは、この“自動化ペットドア”用のガイドを、hackster.ioにアップしている。これによると、セットアップにかかる時間はおよそ10時間。冬休みの工作には、もってこいかもしれない。かわいいペットのために、DIY気分で作ってあげてはいかがだろうか。

souce by windowscentral.com

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。