体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「バイトが”売る楽しさ”を気づかせてくれました」 ゲストハウス「きっか家」店主・白井秀典の原点

白井秀典さん

自分のやりたいことを仕事にしたい。誰もが持つそんな思いを実現している社会人は、何を考え、何を経験し、目標を叶えてきたのだろう。インタビューを通して、「バイトで学んだことがその後のキャリアにどう役立ったか」「人生の岐路に立ったとき、どんなモノサシで自分の道を決めたのか」を聞いてきました。

今回紹介するのは、山梨県富士吉田市にあるゲストハウス「きっか家(け)」の店主・白井秀典さん(31歳)。都会で暮らす若者たちの「週末リフレッシュ」の場として人気の宿です。さまざまな企業や商品のプロモーションにプランナーとして携わるなどマルチに活躍する彼の原点は、バイトでのある経験でした。

 

バイトが「売る楽しさ」を気づかせてくれた

白井秀典さん

――高校を出て東京の大学に進学されてから、いろいろなバイトをされたそうですね。

東京で一人暮らしをはじめて一番の心配は食べることでしたから、焼肉の食べ放題のお店でバイトをはじめました。まかないで焼肉を食べられたことは一度もありませんでしたが(笑)。その後もとにかくいろいろやってみたくて、お寿司屋さんとかカフェとか、イベントのスタッフのバイトもやりました。漠然と大学生活を送っていたので、バイトで自分探しというか、何かおもしろいことが見つけられるんじゃないかと思っていました。

――数あるバイトの中で、今の自分に影響を与えているバイトってありますか?

派遣で入っていたスーパーのバイトです。大学3年からは山梨の実家から学校に通っていたので、地元でバイトを探して、スーパーのレジのバイトを見つけました。

最初はレジの仕事だけだったのですが、ある日アイスコーヒーの試飲販売を任されたんです。単純にブラックで試飲してもらうんですけど、ふとクリームとガムシロップも欲しいなって思ったんですね。自分がそういう飲み方をするので(笑)。お店からOKをもらって両方とも置いたら売上が伸びて、相乗効果でクリームとガムシロップも売れたんです。「こういうの面白いな!」って思ったのを覚えています。

ものを売るにはどうしたらいいのかを考えるのが楽しくて、それを仕事にできたらいいなって思うようになりました。その思いが僕の原点になっていると思います。

 

挫折で見えた、プロモーションの本質

白井秀典さん

――大学卒業後は、広告代理店に入ったんですよね。

広告代理店が舞台の「サプリ」というドラマを見て憧れたのと、ものを売るために頭を使うことの楽しさをバイトで味わったのもありました。入社後は大手スーパーの販促物の制作を担当。寝る暇もないくらいの忙しさで、午前中に打ち合わせしてデザインを起こして、翌日納品なんてこともしばしば。数年経つとクライアントへの提案もできるようになり、自分で手を挙げて新しいプロジェクトを任せてもらえるようにもなりました。そんなとき、大手スーパー子会社の出版社への出向が決まったんです。

――抜てきされたんですね。

でもレベルが全然違って、まったく使い物にならなりませんでした(苦笑)。なにをどんなに提案してもボツ。天狗になっていた鼻をバキンと折られましたね。僕が師匠と仰いでいる人に諭されたことですが、「提案は思いつきじゃいけない。相手のことを本気で考え抜かないとダメなんだ」ってことに気づきました。1年間の出向を通してはじめて、一流の仕事のしかたが見えましたね。

1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。