体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

脱サラDJ河合桂馬インタビュー。現在のスタンスとバイト遍歴から見えてきたもの

河合桂馬 河合桂馬さん

アパレルショップ店員や大手総合商社の広報などを経験し、2015年にフリーランスのDJとなった河合桂馬さん。現在は海や山などのアウトドアフィールドを中心に、イベントの企画運営から演者までをこなすプレイングマネージャーとして活躍しています。湘南・茅ヶ崎に移り住み、自宅は海まで徒歩3分。都心を俯瞰で見ることで、「お金」「仕事」「時間」のバランスも考えるようになったそう。異色の経歴を持つ野外選曲家に、“働くとは何か”を伺いました。

 

人が100%踊り出す音楽は存在しない。だから面白い

河合桂馬さん

-大学に入学してDJを始めたそうですが、きっかけを教えてください。

大学に入って始めたアルバイトで、DJをやっている先輩に出会ったのがきっかけです。当時20歳だったのですが、彼らが生み出す華やかな世界に憧れを抱き、この業界で成功したいと感じるようになりました。

-ではその魅力は?

DJの魅力は一言でいうと“自由”だと思います。セットリストの無いライブ感が魅力です。僕はDJを始めた当初、1から10までリストを作って決めた曲を流していました。でも、それではオーディエンスの心は掴めません。自分がプレイするのは何番目なのか。客層は。時間帯は。これらを考慮して反応を見ながらアジャストしていくのです。

とはいえ、オーディエンスの反応に合わせていくだけではプロの仕事ではありません。DJの仕事は、イベントやパーティー会場を音楽でコントロールすることです。つまり、彼ら彼女らに新しい発見も提供していかなければならないのです。

オーディエンスが100%踊り出すトラックは存在しません。だからこそ観察して、時には攻めるというバランス感覚が必要です。そのアプローチの仕方は無限大。そんな自由なところが魅力に感じるのです。

 

企画から運営、海外進出も果たした野外選曲家

河合桂馬さん

-自由を求めて活躍の場は野外フェスにも広がりました。

大自然の開放感の中で、色んな楽しみ方ができるところに野外フェスの自由さがあります。野外フェスなら、好きなアーティストのライブを観るのも、キャンプを楽しむのも、音楽を聴きながら仲間と飲むのも自由です。人それぞれの楽しみ方があります。

-野外選曲家として、企画運営にも携わっています。

はい。以前主催したのはオートキャンプ場で実施した「バックパッカーズフェス」です。企画はもちろん、人がどこに留まるかなどを考えて、スタッフと協力して機材やテーブル、椅子などを運び会場のレイアウトも自ら行いました。

皆が満足するイベントを作り上げていくのは大変です。本当にお客さんが来てくれるのか、心配になる時もあります。それでも当日、お客さんが楽しんでいる笑顔を見ると、辛い肉体労働も忘れるほど嬉しくなります。これがイベント運営の醍醐味です。

-フリーランスDJとなって1年が経った頃、韓国のフェスにも参加したそうですね?

とても印象的でした。海外でプレイすること自体初めての経験。オーディエンスは当然、僕のことなど知らないのです。プレイ中、いつもと違う感覚がありました。何となくお客さんのテンションが振り切れていないのです。

いつもは僕がお客さんを見て選曲していくはずですが、この時は「この日本人はどんなプレイをするのか」と、逆に見られていたわけです。だったらそれを利用しようと。僕はDJブースの椅子の上に乗って大声で「We love KOREA!!」と叫びました。その瞬間、一気にフロアの空気感が変わりました。心を通わせたあの瞬間の盛り上がりは忘れられません。

1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。