体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ノラ・ジョーンズ、デビュー前のデモ音源を国内初作品化

ノラ・ジョーンズのアルバム・デビュー前にプロモーション用に制作されたデモ音源が『ファースト・セッションズ』として国内初作品化され、12月20日に発売されることが明らかになった。
Norah Jones(c)Danny Clinch (okmusic UP's)

デビュー当初に一部のツアー会場やホームページでごく少数流通したのみという本作は、タイトルどおり初めてレコーディングした楽曲をまとめた幻の作品。デビュー・アルバム『ノラ・ジョーンズ(原題:Come Away With Me)』に収録されていた大ヒット曲「ドント・ノー・ホワイ」や「カム・アウェイ・ウィズ・ミー」のファースト・ミックス音源のほか、この作品のみに収録されているジェシー・ハリス作の「サムシング・イズ・コーリング・ユー」やホレス・シルヴァー作の「ピース」など貴重な音源が収録されている。

ノラ・ジョーンズはこの『ファースト・セッション』が評価され、正式にBLUE NOTEとの契約が決定し、2001年5月からクレイグ・ストリートをプロデューサーに迎え20曲超レコーディング。しかし、クレイグの音の方向性をBLUE NOTEの当時の社長=ブルース・ランドヴァルが気に入らず、手直しをして残した3曲のみを残し、ダイアナ・ロス、ホール&オーツ、ダニー・ハサウェイなどのプロデューサーとしても有名な名匠アリフ・マーディンが『ファースト・セッションズ』の曲といくつかのカヴァーをうまくまとめて世に出したのが、デビュー作であり全世界累計売上が2,700万枚以上を記録している『ノラ・ジョーンズ』だった。

本作『ファースト・セッション』から「ドント・ノー・ホワイ」、「ターン・ミー・オン」、「カム・アウェイ・ウィズ・ミー」、「ローンスター」の4曲が『ノラ・ジョーンズ』に収録。3曲目「サムシング・イズ・コーリング・ユー」はジェシー・ハリスの作曲で、『ノラ・ジョーンズ』には未収録ながら、2003年発表の映像作品『ライブ・イン・ニュー・オリンズ』に収録。本作で初めて国内CD化される楽曲。

6曲目の「ピース」は、BLUE NOTEとも縁の深いピアニスト=ホレス・シルヴァーの1959年作品『ブローイン・ザ・ブルース・アウェイ』に収録された楽曲。昨年リリースした新作『デイ・ブレイクス』にも最新ヴァージョンを収録するなど、ノラにとっても非常に思い入れのある楽曲となっている。
アルバム『ファースト・セッションズ』
2017年12月20日 発売

UCCQ-1079/¥1,620(税込)

<収録曲>

01. ドント・ノー・ホワイ / Don’t Know Why

02. カム・アウェイ・ウィズ・ミー / Come Away With Me

03. サムシング・イズ・コーリング・ユー / Something Is Calling You (※国内未発表楽曲)

04. ターン ・ミー・オン / Turn Me On

05. ローンスター / Lone Star

06. ピース / Peace (※国内未発表楽曲)
アルバム『デイ・ブレイクス デラックス・エディション』
発売中

UCCQ-9306/7/¥3,456(税込)

<収録曲>

■Disc 1

『デイ・ブレイクス』(Day Breaks)

1. バーン / Burn

2. トラジェディ / Tragedy

3. フリップサイド / Flipside

4. イッツ・ア・ワンダフル・タイム・フォー・ラヴ / It’s A Wonderful Time For Love

5. アンド・ゼン・ゼア・ワズ・ユー / And Then There Was You

6. ドント・ビー・ディナイド / Don’t Be Denied

7. デイ・ブレイクス / Day Breaks

8. ピース / Peace

9. ワンス・アイ・ハッド・ア・ラーフ / Once I Had A Laugh

10. スリーピング・ワイルド / Sleeping Wild

11. キャリー・オン / Carry On

12. アフリカの花 / Fleurette Africaine (African Flower)

■Disc 2

『ライヴ・アット・ザ・シーン・センター・フォー・ソート&カルチャー』 (Live at The Sheen Center for Thought & Culture)

1. ピース / Peace

2. アイヴ・ガッタ・シー・ユー・アゲイン / I’ve Got To See You Again

3. アウト・オン・ザ・ロード / Out On The Road

4. サンライズ / Sunrise

5. バーン / Burn

6. イッツ・ア・ワンダフル・タイム・フォー・ラヴ / It¹s A Wonderful Time For Love

7. フリップサイド / Flipside

8. ドント・ノー・ホワイ / Don’t Know Why

9. アフリカの花 / Fleurette Africaine (African Flower)
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。