体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

うにと牛肉の意外な組み合わせ「特選牛と炙り雲丹のうにく鍋」

12月7日放送の「めざましテレビ」(フジテレビ系、午前05時25分~)では、インパクト抜群の鍋料理を特集したコーナーで、「あくとり代官鍋之進」(東京都渋谷区)が紹介された。同店はJR渋谷駅から徒歩1分程にある隠れ家的な雰囲気の鍋専門店。

夢の最強タッグ鍋として紹介されたのは「特選牛と炙り雲丹のうにく鍋」(1人前2,980円/※注文は2人前から)。醤油ベースの出汁で煮たお肉とたっぷりのうにを合わせて味わう。お店を訪れた男性芸能人は「うにとお肉合いますね!うにが入ってくるとまろやかになりますよね。」と店員さんに語りかけ、「海のものと陸のもの、出会わせちゃったな~」と絶賛した。続いて紹介された「RALポークとモッツァレラチーズのフルーツサングリア鍋」(1人前2,570円/※注文は2人前から)に男性芸能人は「うえええぇ!!なんーだこれ?」と驚愕の様子。イチゴや巨峰など12種類のフルーツとコンソメ、サングリアを合わせた出汁でしゃぶしゃぶを頂くこちらのメニュー、「これは・・・合うのか?」と疑いながらも、ドラゴンフルーツを豚肉で巻いて一口。「意外と合う。ドラゴンフルーツの酸味がお肉に意外と合っててさっぱり食べられる」とコメントした。

他にもトマトが丸ごと入った鍋にラクレットチーズを流し込んだ「厚切りベーコンとトマトのラクレットチーズ鍋」(1人前1,680円)や3種類の唐辛子と骨付き肉の入った「激辛カムジャタン風・韓国鍋」(1人前1,580円)などのメニューを楽しむことができる。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:隠れ家個室 鍋之進 渋谷(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:渋谷のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:居酒屋のお店紹介
ぐるなび検索:渋谷×居酒屋のお店一覧
インド風にアレンジされた中華料理
パンから溢れるクラムチャウダーとチリコンカン

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。