体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SUGIZO、ツアーファイナル公演でToshl、RYUICHI、清春を迎えた一夜限りのコラボステージが実現!

ソロ活動20周年のオリジナルアルバム『ONENESS M』をリリースしたSUGIZOが12月6日、ツアー『SUGIZO TOUR 2017 Unity for Universal Truth』のファイナル公演をZepp Tokyoにて開催した。
12月6日@Zepp Tokyo Photo by 田辺佳子
 (okmusic UP's)

2016年にリリースしたアルバム『音』からの「IRA」で幕を開け、闇を切り裂くような轟音でギターをかき鳴らすSUGIZO。ツアーファイナルは2部構成となり、1部では1997年にリリースしたファーストソロアルバム『TRUTH?』から『音』までのインスト中心で、サイケデリックで幻想的な“SUGIZO系宇宙”の世界を繰り広げた。

第2部ではスペシャルゲストとしてアルバム『ONENESS M』に参加した、SUGIZOが心から敬愛するヴォーカリストのToshl、RYUICHI、清春を迎い入れ、奇跡のコラボレーションがついに実現。『ONENESS M』収録曲の「永遠 feat.RYUICHI」では、RYUICHIの艶やかな歌声に壮大なサウンドスケープで会場を大きな愛で包み込むようなパフォーマンスを見せ、長きにわたるSUGIZOとRYUICHIの絆の深さを感じさせた。「VOICE feat.清春」ではMVでも共演した盟友・清春による妖艶でエモーショナルな歌声に、SUGIZOのノイジーで切ない旋律のギターがゆらめき、この二人の絶妙な相性の良さを披露。そして、Toshlは登場すると観客を煽り続け圧倒的な貫禄を見せる。「PHOENIX~HINOTORI~ feat.Toshl」では他の追随を許さない声量で迫力あるToshlの歌声により、天まで突き抜けるかのような歌唱に会場が熱狂の渦となった。

SUGIZOはライブ後に「こんなに人に感謝したことがないくらい感動しました」「ギタリスト冥利につきる一日でした」とコメントしている。ソロ活動20周年を記念する祝福と愛に包まれたツアーファイナルを飾り、幕を閉じた。

Live photo by 田辺佳子
アルバム『ONENESS M』
2017年11月29日発売

【初回限定盤】(2CD(SHM-CD)+Photo Book+三方背ケース)

UICZ-9099/¥10,000(税抜)

※Photo Book:撮り下ろし写真集+ライナーノーツで約100P

※マスタリング・エンジニア:スチュワート・ホークス(metropolis)

※プレイパス(R)対応

<収録曲>

■CD1:フィーチャリング・ヴォーカル・アルバム

1.永遠(※ヨミ:トワ)feat. RYUICHI

2.Daniela feat. Yoohei Kawakami

3.絶彩(※ヨミ:ゼッサイ)feat. 京

4.Rebellmusik(※ヨミ:リベルムジーク)feat. K Dub Shine

5.巡り逢えるなら feat. TERU

6.PHOENIX ~HINOTORI~ feat. Toshl

7.Garcia feat. TOSHI-LOW

8.感情漂流 feat. 辻仁成

9.VOICE feat. 清春

10.光の涯 feat. MORRIE

■CD2:CD1のヴォーカルレス・インスト・アルバム

【通常盤】(CD(SHM-CD))

UICZ-4411/¥3,000(税抜)

※マスタリング・エンジニア:スチュワート・ホークス(metropolis)

※プレイパス(R)対応

■CD/配信/ストリーミングへのリンクはこちら

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy