体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ユーザー数1億人は見えてきた。」海外ユーザー96%の外国語Q&Aアプリ「HiNative」のこれまでとこれから。|株式会社 Lang-8喜洋洋

例えばLINEやMessengerなどで相手の文章の意味が分からないから教えて欲しいというのものや、写真を撮って意味を質問されていらっしゃる方もいます。あと、音声も投稿できるのでで、自分の発音自然ですかとか、「○○」って発音してくださいなどもありますね。

 

「ネイティブスピーカーに聞いたら解決するのに」という疑問をパッと解決できるように利用して下さっています。質問をしているうちに、教える面白さを感じて回答側に回る方もいます。

 

――教えることが面白くなる工夫ってされているのでしょうか。

実は、Q&Aサービスって回答してもらうことは簡単で質問する方が難しいんです。実際に「HiNative」でも質問に対し回答数の方が数倍多いです。本来、人間には自分の知識を共有したい欲求があると思っています。特に、海外の人は、自分にできることは助けてあげたいという思いが強い人が多いです。

こんなこと質問したら笑われるんじゃないかな、とか、ググった方が早いというような理由があり、質問のハードルが高いと思います。

 

――世界中で利用されていると時差もありますが、「HiNative」は回答のスピードは重視されていますか。

回答がつきやすい時間帯はありますがど、ユーザー数が増えているのでエリアや時間帯も網羅できはじめています。あと、回答スピードは重視していて、施策を行なっています。昨年よりも回答スピードは約2倍早くなりました。ただ、即レスとまではいかないので、目標は「ペコッター」のようなスピード感でできるといいなと思っています。

 

海外ユーザーが96%。絶対にグローバルなサービスにしたかった。

――海外のユーザーさんはどのように「HiNative」を知ってダウンロードされていらっしゃるのですか。

「HiNative」は、96%以上が海外ユーザーさんです。絶対にグローバルなサービスにしたいという想いがあったので、日本では全く広告を出さずに海外のユーザーさんを増やすことに注力していました。

「Lang-8」の経験から、アジア圏のユーザーさんは自然に増やしやすいと思っています。中国では口コミで1日3万登録増えたりしますし、韓国や日本、台湾も何かきっかけがあればガッと増えます。その辺は時間の問題なので、まずは難しい方から取り組んでいますね。英語学習のニーズが高いので、今は英語のネイティブスピーカーの方を意識的に増やしています。

 

――海外のユーザーさんに使いやすいようなUIなどで、気をつけているところはありますか。

できるだけシンプルなUIを心がけています。また、アイコンのマークも国によって意味が異なることがあるので、日本人の感覚で入れないようにしています。例えば、ビギナーを日本の初心者マークで表現すると海外のユーザーには通じません。

 

あとは、アプリ内での質問はWebにも表示されるのでWebの検索流入が増えています。将来的には「Stack Overflow」のように、言語について検索すると「HiNative」が出てくる状態にしていきたいと思っています。

 

クロスボーダーでユーザー同士がコミュニケーションをとるサービスは珍しい。

――「Lang-8」も「HiNative」もサービスの軸は異なる言語圏の方々のコミュニケーションですが、Lang-8としてサービスをつくるときに大事にしていることはありますか?

ネイティブスピーカーの知識や経験を共有できるサービスにしていきたいというのが、一番大きなところです。例えば大航海時代に、インドでは香辛料は当たり前のものだけれど、ヨーロッパに持っていくと希少な価値がありましたが、それと同じです。ネイティブスピーカーにとっては当たり前にわかることでも、それを学んでいる人にとってはとても価値があります。自分とは違う言語圏の人とのコミュニケーションを通して、新しい知識が増えたり、地域や国への理解が進んでいくと思います。

グローバルなサービスでTwitterやFacebookにしても、実はやりとりは同じ言語圏の方々ということが多いです。「HiNative」のようにクロスオーバーで当たり前にやりとりしているサービスは珍しいので、そこは僕らの価値だと思っています。

 

――異なる言語のユーザー同士のコミュニケーションでどは、のような関係が生まれていますか。

「Lang-8」のお話ですが、ユーザー間でメッセージが送れる機能がありました。出会い目的の人は厳しく削除しているのですが、そうではなく半年間お互いに真面目に言語を教えあって国際結婚したという例が僕が聞いただけでもいくつかあります。以前、僕がフィリピンに英語留学に行った際に、偶然向こうで知り合った方が「Lang-8」のユーザーさん同士でご結婚された方でした。日本人の奥様とフィリピン人の旦那さんとお子さんもいらっしゃって。それは、とても感動しました。

ハイレベルに学習したいニーズに答えた「HiNative Trek」。

――「HiNative Trek」がリリースされて半年経っているのですが、いかがですか。

順調に増えています。「HiNative」はC to Cでユーザー同士が教え合うものですが、一方で「有料でも確実に先生に添削してほしい」「課題を出してほしい」というニーズもありました。

そのため、「HiNative Trek」は毎日、テキストや音声の課題とそれに対する模範解答を用意し、更に回答に個別にフィードバックするサービスを提供しています。英会話は予約が必要ですが、「HiNative Trek」の場合、自分の好きな時間に学習できるため時間効率がいいです。また、テキストも音声もデータとして残るので、復習もしやすいのは特長です。

 

――ITの専門コースがあるとお伺いしました。

IT業界に特化した内容を学べるコースを用意しています。例えば、「うちのアプリは、競合の2倍のMAUです。」等、実際に現場で使う表現が学べます。他にも、投資家とのやりとりを仮定した問題では質問文に対し、自分の考えを英語で述べてもらいます。ここまで振り切った英語学習教材は、なかなか無いと思います。シリコンバレーで働いている英語ネイティブスピーカーに監修してもらってて、実際に起業家の方に多く使っていただいています。

 

「HiNative」は、自動翻訳が進化するラストワンマイルのデータを持っている。

――今後「HiNative」をどのようにしていきたいかというところについてお願いします。

会社としてやりたいことは「Lang-8」時代からずっと変わっていなくて、1億人が使うサービスです。ユーザー数については手応えがありまして、最近の伸びを見ていると1億人は現実的になっています。サービスとしては、ネイティブスピーカーの知識や経験を通したコミュニケーションを増やしていきたいと思っています。

 

――今後AIや機能としての翻訳が進化していくと思うのですが、「HiNative」のネイティブスピーカーに質問できる価値はどうなっていくと思いますか。

自動翻訳が基本的になってら、外国語を勉強する人はほぼいなくなると思っています。そのときに「HiNative」は、単語や文法ではなく文化にシフトすると思っています。今でも、言語に関する質問以外に文化や細かいニュアンスに関する質問があるんですよ。これらも、ネイティブスピーカーやその国に住んでいる人だったら当たり前に分かることで、言語と同じようシェアできるものです。むしろ、言語にこだわっているつもりはありません。

また、翻訳も完璧になるにはまだまだデータが必要だと思っています。ラストワンマイル的なデータを「HiNative」は持っています。特に音声データ珍しいので、自動翻訳の発展にむしろデータ面で貢献できると思っていますね。

 

インタビュアー:新嘉喜りん(キラメックス株式会社)

 

前のページ 1 2
TechAcademyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。