ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【住む街ガイド】小説『桜の下で待っている』の舞台・花巻は山と空が美しい街だった

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
小説『桜の下で待っている』(彩瀬まる・著)の舞台である花巻。そんな花巻の住みやすさを小説からピックアップしてみた桜の下で待っている 彩瀬まる・著 1512円 実業之日本社

桜の下で待っている
彩瀬まる・著 1512円 実業之日本社『桜の下で待っている』のあらすじ

婚約者の実家である福島を訪ねることに不安と緊張を抱く律子。両親が離婚し故郷と呼ぶ場所を持たないさくら。それぞれの事情で東北新幹線を利用する男女4人と、社内販売に携わる女性を主人公に描いた連作短編集。
山の香りに誘われて街を歩きたくなる花巻の魅力

『桜の下で待っている』は故郷がテーマの短編集。

花巻が舞台なのは4話目の「ハクモクレンが砕けるとき」だ。主人公は小学4年生の知里。叔母の結婚式に参加するため、母親の故郷である花巻へ向かい、そこで不思議な体験をする。その中で、花巻の自然はさりげなく、しかし瑞々しく描写されている。「和菓子の匂い」と知里が勘違いした、街全体に漂う山の匂い。花巻は東西を山で囲まれているので、そのためだろう。

花巻の街並みは、背の高い建物が少ない。空が高く、広く見える景観の良さが特徴。山の甘い匂いを楽しみながら、ゆっくり散策したくなる街だ。
小説に登場するスポットを歩いてみよう!スポット①:宮沢賢治記念館宮沢賢治記念館には、賢治の経歴や縁の品が展示されている

宮沢賢治記念館には、賢治の経歴や縁の品が展示されている

多彩な宮沢賢治の世界に触れられる施設。知里は両親と宮沢賢治童話館の後に訪れた。ここで賢治が愛する妹の死について綴った詩を知り、心を揺さぶられる。

●住所:岩手県花巻市矢沢第1地割1番地36
●アクセス:JR釜石線新花巻駅から車で3分
●TEL:0198-31-2319
●営業時間:8:30~17:00(入館16:30)
●定休日:12月28日~1月1日
スポット②:宮沢賢治童話村宮沢賢治童話村は、まさに童話の中のジョバンニや又三郎、山猫がでてきそうな雰囲気!

宮沢賢治童話村は、まさに童話の中のジョバンニや又三郎、山猫がでてきそうな雰囲気!

宮沢賢治の童話をテーマにした楽習施設。「銀河ステーション」「天空の広場」「賢治の教室」「妖精の小径」「ふくろうの小径」「山野草園」「賢治の学校」という7つの施設で構成される。作中では結婚式の翌日に両親と訪れた。

●住所:岩手県花巻市高松26-19
●アクセス:JR釜石線新花巻駅から車で3分
●TEL:0198-31-2211
●営業時間:8:30~16:30
●定休日:12月28日~1月1日
花巻の暮らしやすさについて

花巻はバスや電車の数が少なく、クルマは必需品だ。とはいえ、東北新幹線や東北自動車道、花巻空港があり、遠出する際にはむしろ便利。街外れには田園風景が広がっているが、市街地には市役所や病院など公共施設をはじめ、スーパーやコンビニ、デパートもある。市内にキャンプ場やスキー場、温泉街もあるのは高ポイントだろう。

花巻駅の家賃相場はこちら!
岩手県の賃貸物件はこちら!

文=綱島剛
写真=尾形和美

※「CHINTAI2017年9月号」の記事をWEB用に再編集し掲載しています
※雑誌「CHINTAI」2017年11月24日発売号の特集は「賃貸DIY」。こちらから購入できます(毎月24日発売)
https://www.chintai.net/magazine/

あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけようあなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。