体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【住む街ガイド】小説『ゴールデンスランバー』の舞台を歩いたら、仙台の暮らしの良さが見えてきた

小説『ゴールデンスランバー』(伊坂幸太郎・著)の舞台になった仙台の暮らしやすさとは?ゴールデンスランバー 伊坂幸太郎・著 1,015円/新潮文庫

ゴールデンスランバー
伊坂幸太郎・著 1,015円/新潮文庫『ゴールデンスランバーのあらすじ』

仙台市内の大通りをパレード中の首相が、ラジコン飛行機に仕掛けられた爆弾によって暗殺された。犯人の濡れ衣を着せられた宅配ドライバー青柳雅春の逃走を描いたエンターテインメント長編作。本屋大賞&山本周五郎賞を受賞し、堺雅人が主演した映画も大ヒット。見事な伏線の回収、興奮と感動の結末は、まさに「たいへんよくできました」!手に汗握る逃走劇が本当の仙台を際立たせる

杜の都、仙台。その成り立ちは、伊達政宗の治世にあるという。食糧難に備えた屋敷林や、風雪を防ぐための植林が由来とされる。そう、仙台の木々は生活を支え守るものだった。1945年の戦災で一度は途絶えたが、復興に伴い街は緑を取り戻す。今では青葉通りや定禅寺通りのケヤキ並木は街のシンボルとして市民に愛されている。

そういった歴史から、街には、緑が多く自然が日常生活に溶け込んでいる。青葉区の中心部は歩道も広いので歩くのも心地よい。開放感があり、穏やかな気持ちになる。

伊坂幸太郎の『ゴールデンスランバー』では、そんな仙台の空気が一変する。首相暗殺事件が発生、濡れ衣を着せられた青柳雅春が逃走劇を繰り広げる。作中には仙台のさまざまな場所が出てくる。仙台駅、東二番丁通り、広瀬川……。街に住む人たちにとっては身近な場所で、事件前の青柳にとってもそうだったはず。しかし、事件を機にその街が圧迫感を醸し出す。仙台は気候が良くて過ごしやすく、治安も良好。仙台の人はのんびり屋が多いとも言われる。そんな街がスリルとサスペンスの舞台というのは、少し皮肉めいている。

物語のキースポットのひとつである勾当台公園では、ダンスを練習する若者や散歩中の家族などが和気あいあいとしていた。作品に漂う緊迫感と、正反対の光景。伊坂幸太郎が描く真逆の姿によって、街の魅力が鮮明に感じられた。小説に登場するスポットを歩いてみよう!仙台周辺のスポットMAP 仙台周辺のスポットMAPスポット①:東二番丁通り地下鉄南北線あおば通駅から徒歩10分で行くことができる

地下鉄南北線あおば通駅から徒歩10分で行くことができる

すべてのはじまりとなる、パレード中の金田首相が爆殺された通り。南北に伸びる国道286号の中で、仙台市立病院前交差点から勾当台公園前交差点までの区間を指す。

現実でも荒川静香や羽生結弦がオリンピックで金メダルを取った際や、東北楽天ゴールデンイーグルスが日本シリーズで優勝した際にこの通りでパレードが行われた。

●住所:宮城県仙台市青葉区
●アクセス:地下鉄南北線あおば通駅から徒歩10分スポット②:仙台駅東口駅内で食事をすることもできる

駅内で食事をすることもできる

仙台駅にはJRと仙台市営地下鉄が通る。東口は2013年から再開発工事が始まり、現在も施設を建設中だ。東口の駅前通りは道も広く、清潔感がある。

作中では、事件前に中古パソコンショップの前を青柳雅春が友人の森田森吾と歩いたり、逃亡中に青柳が向かったり、東口の家電量販店でICレコーダーを購入したりと幾度も描写された。

●住所:宮城県仙台市青葉区中央1スポット③:勾当台公園勾当台公園は、いこいのゾーン・歴史のゾーン・にぎわいのゾーンという3つのエリアで構成されている
1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。