体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デビューからもうすぐ20年! 1~10型まであるスズキ ジムニーの、使用シーンに合わせた選び方

▲圧倒的な信頼性を誇る4WDシステムを搭載するジムニー。年末から来年にかけては相場上昇が避けられないかも……

▲圧倒的な信頼性を誇る4WDシステムを搭載するジムニー。年末から来年にかけては相場上昇が避けられないかも……

そろそろジムニーの相場が上昇する時期に。今年はいつも以上になる?

現行型ジムニー(JB23型)が登場したのは1998年10月。軽自動車規格が現在のものへと改正されたタイミングでした。

同時期に登場した軽自動車はすでに数回のフルモデルチェンジが行われていますが、現行型である3代目ジムニーは現在まで19年間もフルモデルチェンジを行わずに生産されています。

しかし、この秋ごろから海外でのジムニーシエラの公道テストの風景がスクープされるなど、「いよいよフルモデルチェンジするのか!?」という雰囲気になってきました。これは楽しみなニュースです。

ところで、中古車市場では人気車が大胆なモデルチェンジを行うと先代モデルの相場が一気に上昇することがあります。

これは新型と先代モデルを比べて「先代の方がいい」と考えた人が中古車市場に一気に流れてくるために起こる現象です。

中でも走りに振ったモデルでこの傾向が現れることが多く、過去にはレガシィシリーズやスカイラインGT-R、ランサーエボリューションなどで同じ現象が見られました。

コアなファンが多いジムニーですから、フルモデルチェンジの噂が出始めたことにより、新型が登場する前から中古車相場に動きが出ると予想します。

3代目に乗りたいと思っている人は、早めに動いた方がいいかもしれないですね。

繰り返しになりますが、3代目ジムニーはデビューから19年がたちます。その間に細かい変更が繰り返されており、登場直後の1型~現在新車販売されている10型に分けることができます。

中でも「4→5型」と「6→7型」の変更は大きいものでした。デザイン面などの小変更だけではなく、走行性能にかかわるギアやエンジンにも手が入れられました。

この中から自分に合った型を選ぶのは、至難の業かもしれません。

そこで今回は使用するシーンに合わせて、果たしてどの型を選ぶのが良いのかを考えてみました。ぜひ参考にしてみてください。

①本気仕様のカスタムベースで、購入費用を抑えたいなら

第1候補:5、6型(2004年10月~2008年6月)

第2候補:4型(2002年1月~2004年9月)

▲フロントグリルのデザインやインパネデザインなどの見た目だけではなく、ギア比の変更など走破性に関係する部分も改良された5型

▲フロントグリルのデザインやインパネデザインなどの見た目だけではなく、ギア比の変更など走破性に関係する部分も改良された5型

林道走行用にフルカスタムするから、ベース車の足回りやミッションなどはヘタッていてもいい。カスタムにお金を掛ける分、ベース車はなるべく安い方がいい。

こう考えるなら走行距離を気にせず選ぶのもありでしょう。年式と距離を気にしなければ予算50万円でも選択肢がかなりありますよ。

4型までは2WD→4WDの切り替えがレバー式だったのですが、5型からボタン式に変更されたので、できれば5型を狙いたいところ。山までいくときに使う2WDと、山に入ってからの4WD、さらにはぬかるんだ道などを走るときに使う4WD-Lの切り替えはスイッチで行える方が楽です。

さらに5型では新型トランスファーの採用により、ローレンジのローギアード化を実現。オフロードでの走行性能が高まっています。

2WD→4WDの切り替えはレバーで行う方が「むしろ味があっていい」と考えるなら4型までを狙うのもあり。2型からはABSが標準になり、さらに4型からは上級グレードのXCに電動格納式ミラーが搭載されました。日常での使い勝手も考えるなら、4型狙いがいいでしょう。

▲日常での使い勝手も向上している4型。上級グレードには電動格納式のミラーも搭載された
1 2 3次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy